マイクロソフトが、国際競争力のある人材育成の場として提供する学生のためのITコンテスト『Imagine Cup(イマジン カップ)』。その世界大会が7月8日からスタートしました。
今年の開催地はロシアのサンクトペテルブルグ。白夜シーズンまっただ中の北の大地に、世界各国の予選を勝ち抜いてきた、71ヵ国・87チーム・309人のファイナリストたちが続々と集まってきています。


この時期サンクトペテルブルグは23時でも日が沈まず、まさに白夜のまっただ中。

 


会場となるホテル『park inn』。コンペティション会場だけでなく、ファイナリスト、スタッフ、プレスすべての宿泊もここになります。

 

大会前日の様子

今年のImagine Cupはこれまでとレギュレーションが大きく変わり、メインとなるコンペティションの部門が「ゲーム」「イノベーション」、「ワールド シチズンシップ」の3つとなっています。
また、これまで複数のラウンドを行ないチームを絞っていく勝ち抜き制のコンペティションでしたが、今回はプレゼンとショーケースそれぞれ1回だけの審査で優勝チームが選出されることになっています。

コンペティシ��ンの前日となる初日は、レジストレーションと大会についてのブリーフィングのみ。会場内に到着したファイナリストたちは、翌日のコンペティションに向けてリハーサルを重ねたり、会場内の施設を使ってリラックスし英気を養っていました。

 


Imagine Cupの名物コーナーとなっている黒板。各国のチームが自由に書き込めるスペースになっています。

 


インターネットカフェとして最新のWindows8マシンを多数設置。会場には専用のWi-Fiアクセスポイントもあります。

日本からは、京都コンピュータ学院の『Project N』がイノベーション部門に出場します。優勝を目指すべく彼らはホテルの自室で、プレゼンテーション資料のブラッシュアップや、スピーチの練習を夜中まで行なっていました。

 


『Project N』の米山 哲平さん(右)とChester Lee Chin Zhenさん(左)。「やるからには優勝を目指します」と力強い回答をもらいました。

『Project N』が参加するイノベーション部門は、今回新しく設けられた部門。さらに『Project N』の作品は、ゲームを開発するためのエンジン「Knowall Library 5.0」でソリューションとしては完成度もクオリティーも高いのですが、こういったゲーム開発エンジンがImagine Cupの作品として登場したことはこれまで記憶になく、そのためコンペティションの結果はまったく予想できない状況です。

 


ファイナリスト全員を集めてのグループフォト。多国籍でまさにプログラミングのオリンピックといった様相です。

 

■Imagine Cup 2013 世界大会レポート

ImagineCup 2013 世界大会 レポート #1 初日

ImagineCup 2013 世界大会 レポート #2 プレゼン審査

ImagineCup 2013 世界大会 レポート #3 他国チーム

ImagineCup 2013 世界大会 レポート #4 表彰式

ImagineCup 2013 世界大会 レポート #5 その他

■関連サイト
Imagine Cup
Imagin Cup 2013日本応援サイト
Imagine Cup Japan Facebookページ(日本語)