Microsoft Student Partners フェロー の谷口慈行さんに、Visual Studio 2013 を使ってみた感想をインタビューしてきました!

  

--- Visual Studio を使い始めたきっかけは何ですか?

Visual Studio を使い始めたきっかけは、昨年 Windows 8 が発売されて、Windows ストア アプリを作り始めたのが最初です。それまではMacユーザだったので Visual Studioを使う機会がありませんでした。

 

--- では、Windows 8、そして Visual Studio を使ってみた感想をお聞かせください。

 

Windows 8 は初めて見た時からクールに感じています。フラットデザインはタッチ操作に向いていると思いますし、Windows 8 はタッチパネル PCを庶民のものにしてくれました。メーカーによっては静電容量のタッチパネルとデジタイザーペンの両方に対応しているものもあり、デジタイザーペン(タブレットPC用のペン)と Microsoft OneNote の組み合わせは最高です。また Windows ストア アプリ の特に気に入っている機能は、「共有チャーム」です。アプリ間で簡単にデータを交換できるこちらの機能は、ユーザに豊かな体験をもたらすことができ、Unix コマンドのパイプに似ていると感じました。

 

 Visual Studio については、Windows ストア アプリ開発者にうれしい機能追加が多いと感じました。マイクロソフトの Windows ストア アプリへの力の入り方が伝わってきます。

--- 最後に、Visual Studio 2013 のここがすごい!という機能を教えてください!

Windows ストア アプリを JavaScript と HTML で開発しているのですが、Blend for Visual Studio での HTML、CSS サポートの充実はうれしいです。(Blend for Visual Studio とは、HTML と XAML を使用するアプリケーションのユーザインターフェースをデザインするツールで、Windows ストア アプリ作成のサポートの一環として、Visual Studio に同梱されています。)

 

また、DOM エクスプローラから直接 CSSを変更できるのも便利です。Visual Studio 2013 から、アプリの実行中にインラインスタイルを編集しながら確認できるので、毎回 CSSを書き換えて実行する必要がなくなりました。

 

デザインをしっかり見ながらスタイルを編集したい場合には Blend for Visual Studio を使い、アプリ実行中のある瞬間のスタイルを微調整したいときは、Visual Studio のデバッグ支援機能である「ステップ実行」する、といったように使い分けています。

 

さらに、消費電力のパフォーマンスを分析できるようになり、よりモバイルに適したアプリを開発できるようになりました。

最後に細かい点なのですが、JavaScript を編集中にオブジェクトを選択すると、そのスコープ上で使用されているオブジェクトがすべてハイライトされる、という機能追加が気に入っています。

 

 

(補足)

DOMエクスプローラとは実行中のHTMLのDOMという要素を確認することができるエクスプローラです。

ストアアプリをJavaScriptで作成する場合、実行中にこのエクスプローラがVisual Studioに表示されます(下図参照) 

 

 

 

Visual Studio 2013 は、Windows プラットフォームの新たなイノベーションである 「Windows 8.1」 を活用した新しいアプリケーションの開発環境を提供します。まずはお試しください!