Real Time Analytics
Browse by Tags - マイクロソフト アカデミック チームブログ - Site Home - MSDN Blogs

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: Imagine Cup 2015 日本予選大会 ワールドシチズンシップ部門

    4月11日(土)に開催されるImagine Cup 2015 日本予選大会に参加するワールドシチズンシップ部門の3チームをご紹介します。この部門は「病気や自然災害、人権、貧困、情報へのアクセス、男女の平等といった社会問題を IT で解決するアプリ、サービス」を対象とする部門です。昨年の世界大会で最優秀賞に輝いたオーストラリアのTeam Eyenaemiaはこの部門で 医療の問題を解決するソリューション を提案しました。 作品名:CHILDHOOD チーム名:CHAMPIGNON メンバー:西田 惇、高鳥 光、佐藤 綱祐 (筑波大学) 子どもの安全や安心を課題として、子どもの視覚をヘッドマウントディスプレイとパン...
  • Blog Post: Imagine Cup 2015 日本予選大会 ゲーム部門

    4月11日(土)に開催されるImagine Cup 2015 日本予選大会に参加するゲーム部門の3チームをご紹介します。全応募作品の中で半数に近い42%がこのゲーム部門への応募でした。 作品名:Fleeting Light チーム名:絆 メンバー:水野 沙織、クレメンス・ベルガー、角 威希、新宮 悠輔 (トライデントコンピュータ専門学校) 毎年、個性豊かなゲームをご応募いただいている名古屋の学校法人河合塾 トライデントコンピュータ専門学校 の作品です。2012年のシドニー大会ではゲームデザイン部門のベスト5に入賞された経験があります。タブレットの"タッチ"という特性を活かした操作感とタブレットならではの協力プレイが楽しそうなゲームです...
  • Blog Post: Imagine Cup 2015 日本予選大会

    3月19日(木)の応募締切の翌日、日本マイクロソフトの関係者による一次審査を行い、日本予選大会にご参加いただく9作品を決定いたしました。 今年の応募総数は57作品で、昨年よりも6作品増加、作品そのものの質も大きく向上し、どの作品が日本代表になっても、世界大会で上位が狙えそうです。部門毎の応募比率はゲーム部門:42%、イノベーション部門:33% ワールドシチズンシップ部門:25%、学校毎の応募比率は高校:4%、高専:12%、専門学校:68%、大学:16%でした。大学からの応募を増やすことは今後の課題の一つです。 4月11日(土)の日本予選大会では、10 分のプレゼンテーションと 5 分の質疑応答で審査を行い...
  • Blog Post: 早稲田情報科学ジュニア・アカデミー「中高生向けプログラミング講座」無料体験会開催

    みなさん、こんにちわ。エバンジェリストの渡辺です。 早稲田情報科学ジュニア・アカデミーが、中高生向けに提供するプログラミング集中講座の無料体験・説明会が、 2015年3月14日に日本マイクロソフト品川オフィスにて開催されました。 早稲田大学名誉教授 早稲田情報科学ジュニア・アカデミー総合監修 村岡洋一先生の講演 今回は、受講対象となる中高生の保護者も同席しての説明会となっており、中学1年生から高校2年生まで、 28組の親子が、はじめてのプログラミングを体験しました。 現在、初等教育へのプログラミング教育の導入は、一つの潮流となっており、日本でも、 様々な企業や教育機関が小中高生向けのプログラミング教育の取り組みをスタートさせています...
  • Blog Post: 学生向け実践型 "情報デザイン" スキル養成講座~デザインシンキングを使った体験価値提案バトル~

    Imagine Cup 2015に向けてアプリケーションのアイデア発想に悩んでいる方やアプリのデザインを見直したい方、機能の整理に悩んでいる方はいらっしゃいませんか? USEで営業戦略推進本部 部長代理を務める栗田さんとセカンドファクトリーの取締役副社長でシニアUXストラテジストの斎藤さんを講師にお招きして、情報デザインをテーマにした「 学生向け実践型 "情報デザイン" スキル養成講座~デザインシンキングを使った体験価値提案バトル~ 」を開催することになりました。ぜひ、ご参加下さい。
  • Blog Post: Imagine Cup 2015 応募受付は来年1月29日からです

    今年で第 12 回目を迎える Imagine Cup 2015 は、2015 年 4 月に日本予選大会を、同年 7 月に米国・シアトルで世界大会を開催します。世界の同世代と IT のスキルを競い合えるまたとないチャンス。日本の学生のみなさまからのご応募をお待ちしています。 募集作品: Windows、Windows Phone、Internet Explorer のいずれかで動作するソフトウェア、もしくはソフトウェア+ハードウェア。ソフトウェアをホスティングする場合は Microsoft Azure を利用すること。 応募部門: ゲーム部門 インタラクティブな遊びの体験を与えるゲームコンテンツが対象です...
  • Blog Post: 子どもたちが “コードを書く” スキルを身に着けるための支援プログラム 「Microsoft Imagine」 のご紹介

    Microsoft Student Developer Blogに掲載された「Introducing Microsoft Imagine」の日本語訳をお届けします。 コーディングが大好きだという若者をマイクロソフトは応援しています。とはいえ、学生のみなさんがプログラミングを始めるのは、年齢を問わず簡単なことではありません。 マイクロソフトでは現在、学生デベロッパー向けに ImagineCup や DreamSpark といったプログラムを運営し、コンテストの開催や無料ツールの配布などを通じて、学びと成長を支援する場を提供していますが、これからは、この魅力的な世界に足を踏み出そうとしている学生にも同様のチャンスを提供したいと考えています...
  • Blog Post: 「あいちゃれ2014」ファイナルを観戦して感じたこと

    皆さん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 11/22に開催された立命館大学主催の全国高校・大学ソフトウエア創作コンテスト(ICT Challenge + R)「あいちゃれ 2014」のファイナルを観戦してきました。6月のキックオフイベント、 Microsoft x あいちゃれ「世界に挑戦する開発講座/入門編」 で登壇させていただき、今年は、ぜひファイナルを見学させていただこうと思っており、観戦を楽しみにしておりました。 コンテストの様子は、下記のリセマムさんの記事を参照ください。 ・ 「あいちゃれ 2014、都立高2年の佐藤怜さんが最優秀賞・...
  • Blog Post: 早稲田情報科学ジュニア・アカデミー「中高生向け情報科学リテラシー講座」

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 早稲田大学アカデミックソリューションが主催する中学生、高校生を対象とした「 情報科学リテラシー講座  」の応募がスタートしました。こちらの講座は、今年の夏に「 夏期オープニング講座 」として開催されていたコースの冬期バージョンになります。開催場所を早稲田大学のキャンパスに移して、より多くの学生さん(募集人数 25名)が参加可能となりました。(こちらは有償の講座になります。) 近年、初等教育におけるプログラミング教育の重要性は、世界的に高まっており、各国で様々な動きが起きています。日本でも、様々な動きが起きており...
  • Blog Post: 第6回「試す」applimに参加して

    昨年はメンターとして、今年は審査員として applim に参加しました。 applimとは 学生団体applim が主催する大学生のためのマーケティングコンテストで、今年で6回目を数えます。今回のテーマは「Re-invention ~ブランドに、再発明を~」。特別協賛企業を務めるTBSテレビ、日本たばこ産業 (JT)、マイクロソフトがそのブランドとなって、500人を超える学生さんが「これから提案すべきプロダクト、もしくはサービスを考案して下さい」というお題に挑みます。総勢130を超えるチームから予選を突破できるのは21チーム、ここから決勝レセプションに進めるのは6チームとのことなので、なかなかの狭き門です...
  • Blog Post: 横浜市立高等学校学生向けアプリ開発講座

    皆さん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 最終成果発表会に参加された学生の皆さん 2013年に締結された「 横浜市及び横浜市教育委員会と日本マイクロソフトの連携 」に基づいて、今年も横浜市立高等学校の学生さんを対象にアプリ開発講座を開催させていただきました。講座は6月にスタートし、10月まで5ヶ月間に、全10回シリーズで行いました。昨年は、横浜サイエンスフロンティア高等学校の学生さんが対象でしたが、今年は、横浜市立の全高等学校に応募枠を広げて、東高等学校、桜丘高等学校、戸塚高等学校などの高校からの学生さんにも参加いただきました。 参加学生のプログラミングスキルは...
  • Blog Post: 「U-22プログラミング・コンテスト2014」から感じたこと

    皆さん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 10/5に、 「U-22プログラミング・コンテスト2014」 の最終審査会が行われ、今年度の受賞者が決定しました。昨年までは、経済産業省の主催で、「U-20プログラミング・コンテスト」として行われていた大会です。35年の歴史を誇る伝統ある大会で、学生向けのプログラミング・コンテストとしては、おそらく、日本で一番歴史のある大会ではないでしょうか?( 高専プロコン が今年で25回、弊社が主催する Imagine Cup が12年目です)。今年から、主催が経産省から「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」へ変更となり...
  • Blog Post: Imagine Cup 2015 がいよいよ始まります

    ( Imagine Cup Official Blog:Welcome to Imagine Cup 2015!の抄訳 をお届けします ) Imagine Cup 2015 今年の7月下旬から8月上旬にかけて、米国・シアトルで開催されたImagine Cup 2014では、オーストラリアの Eyenaemia がシチズンシップ部門、ロシアの Brainy Studio がゲーム部門、ニュージーランドの Estimeet がイノベーション部門で1位となり、 Eyenaemia が総合優勝に輝きました。Imagine Cup 2014終了後も、Brainy Studioは再度シアトルを訪れ...
  • Blog Post: Imagine Cup 2014 オーストラリアの「Eyenaemia」がBill Gatesからメンタリング

    Imagine Cup 2014では、 WORLD CITIZENSHIP部門(世の中に役立つアプリやサービス) 1位となったオーストラリアの「Eyenaemia」がワールドチャンピオンに輝きました。 モナシュ大学で医学を専攻する22歳の学生、Jarrel SeahとJennifer Tangによって生み出されたこの作品は下まぶたの裏側にある結膜の写真をWindows Phoneで撮影することで、結膜の分析と貧血の検査、リスク計算ができるというアプリケーションです。 ワールドチャンピオンの副賞はマイクロソフトの共同創業者である Bill Gatesとプライベートミーティング を持ち...
  • Blog Post: Top Gun Project 「未来のクリエーター育成キャンプ」第9回デモレビュー(9/28)

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 2か月に渡り実施された Top Gun Project も、いよいよ本日が実質の最後となります。各チームごとに、この夏のプロジェクトの成果発表、および、デモンストレーションを行っていただきました。 チーム「KISO」 鼻息を使って操作するインタラクティブゲーム「ハナーン」。非常にユニークなアイデアだと思います。プレゼンテーションも寸劇を使って、作品の世界観を提示していました。10/23~26に日本未来館で開催される DCEXPO でのデモ出展作品に選ばれました。 チーム「はみたす...
  • Blog Post: Top Gun Project 「未来のクリエーター育成キャンプ」第8回プレゼンテーショントレーニング(8/27)

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 Top Gun Project の第8回目は、日本マイクロソフトのカリスマ・プレゼンテーション講師の西脇資哲さんによるプレゼンテーショントレーニングを開催しました。プレゼンテーショントレーニングと言えば、この人という講師ですので、参加した学生さんにとっては、非常に有益な時間となったと思います。私も何度か、西脇さんのプレゼンテーショントレーニングを受講させていただく機会がありましたが、この日のトレーニングで、私が参考になった点をメモとして、いくつか紹介させていただきます。 ・ プレゼンテーションにおける視点誘導の大切さ...
  • Blog Post: Top Gun Project 「未来のクリエーター育成キャンプ」第7回「Unity & Oculus, ゲストトーク」(8/20)

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 Top Gun Project の第7回目の様子をレポートします。今回は、午前からスタートして、夕方の懇親会まで、非常に中身の詰まった回となりました。前半は、Unity と Oculus を使用したワークショップが開催されました。残念ながら、私は、こちらの前半のワークショップは参加できませんでしたので、関連情報をいくつか掲載しておきます。 Unity は、近年、ゲーム開発者に大人気のマルチプラットフォーム対応のゲームエンジン。リッチな3Dゲームを比較的に簡単に作成できるのが魅力なのか、大人気の開発環境ですね...
  • Blog Post: ITmediaの太田智美記者が見た Imagine Cup 2014

    今回のImagine Cup 2014には、日本からITmediaの太田智美記者に同行いただき、取材をしていただきました。そのまま夏休みの日記になりそうな記事ですね。太田さんの目を通したImagine Cupをお楽しみください。 ビル・ゲイツ発案の学生向けITコンテストがもう楽しそうすぎる! これはどこからどう見てもお祭り http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1407/31/news123.html 各国のアイデアが面白い! 「Imagine Cup 2014」優勝チームにはビル・ゲイツへプレゼンのチャンスが http://nlab...
  • Blog Post: Top Gun Project 「未来のクリエーター育成キャンプ」第6回「フィジカルコンピューティング」(8/10)

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 台風接近中の日曜日午後、 Top Gun Project の第6回目が開催されました。今回は、「フィジカルコンピューティング」について学びました。講師は、日本マイクロソフトで、組み込み系やIoTと言えば、この人、エバンジェリスト太田寛が担当しました。 Windows と言うと、どうしても PCのイメージが大きいですが、組み込み機器の分野でも確固とした実績を残しています。学生の皆さんには、馴染みの薄い Windows Embedded の紹介から講義はスタートしました。デジタルサイネージ、POS端末、ATM...
  • Blog Post: Top Gun Project「未来のクリエーター育成キャンプ」第5回「アプリケーション」(8/8)

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 Top Gun Project も第5回目。今回は、「アプリケーション」ということで、Windows ストアアプリの開発について学びました。場所は、いつもの日吉ではなく、品川の日本マイクロソフト本社にお越しいただきました。講師は、日本マイクロソフトのエバンジェリスト大田昌幸が担当しました。今回のマイクロソフトの講師陣の中では、一番の若手になりますが、それでも、参加学生の皆さんとは、10歳以上の年齢差があります。 大田さんは、まず、自身の自己紹介を兼ねて、学生時代の体験や経験を伝えてくれました。IT企業でのインターンシップの経験...
  • Blog Post: Top Gun Project「未来のクリエーター育成キャンプ」第4回「クラウド」(8/6)

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 Top Gun Project の第4回目は、「クラウド」について学びました。講師は、日本マイクロソフトのエバンジェリスト戸倉彩さんが担当しました。突然、金髪のお姉さんが登壇しましたので、最初は少し戸惑い気味の学生さんもいましたが、そこは、うまいアイスブレイクがあって、すぐに戸倉さんのペースで講義が行われました。 参加学生の皆さんは、「クラウド」という言葉は知っていても、具体的なイメージや内容については、ほとんど知らないという回答がほとんどでしたので、可能な限り、学生目線に近づいて、IT業界の用語も...
  • Blog Post: Top Gun Project「未来のクリエーター育成キャンプ」第3回「トークセッション&ラボツアー」(8/1)

    みなさん、こんにちわ。日本マイクロソフトのエバンジェリストの渡辺です。 Top Gun Projectの第3回目は、場所をお台場の日本科学未来館に移して、若手研究者のトークセッションとラボツアーを実施しました。この日の未来館は、明日から開催されるTokyo Idol Festival 2014のリハーサルの音楽が一日中聞こえてくる状況。未来館の隣が、SMILE GARDENというTokyo Idol Festivalの屋外ライブ会場になっています。Top Gun Project に参加している学生の皆さんは、アイドルには、全く興味がない様子でした。(興味があるのは、おそらく、私だけかな・...
  • Blog Post: MSPの絆に気付いた夜 - MSP Summit Day 4

    こんにちは! Microsoft Student Partners (MSP) 松原です。 シアトルで行われているImagine Cup 2014 と同時に開催されている MSP Summit に参加しています。 4日目に行われたパーティーの様子をMSPの視点でご紹介します! ディナー・パーティーはシアトルのシンボルでもあるスペース・ニードルの麓にある EMP ミュージアムで行われました。 私は日本をアピールするために浴衣で参加してみましたが、大好評でした! パーティーの会場はライブ会場のようでした。 音楽が生演奏され...
  • Blog Post: Imagine Cup 2014 番外編 ~古川享さん邸 訪問~

    今回、なにかと応援頂いた 元マイクロソフト株式会社 (現・日本マイクロソフト)の社長であり、 現在、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の古川享 さんにホームパーティにお招き頂き、MOHAIでの展示会のあと、カークランドにあるご自宅にお邪魔しました。 私にとっては超が100コつくほどの大先輩、日本のITの世界では伝説の方でもあるので、この日を一番、楽しみにしていたのは、鳥羽商船高等専門学校のみんなよりも私だったかもしれません。 シアトルに来ていたマイクロソフト ディベロップメントの南條(この方も大先輩です)にお手伝いいただき、さらに、たまたま帰国前にMOHAIに寄ってくれた 西 拓生...
  • Blog Post: Imagine Cup 2014 Day 5

    いよいよ、Imagine Cup 2014も最終日。土曜日の今日は2年前にできたというミュージアム、 MOHAI ( Museum of History & Industry ) で一般向けの展示会が行われました。 シアトルのダウンタウンからクルマで10分ほど。ユニオン湖の畔に建つMOHAI。周りは水上飛行機の離発着場にもなっています。 1FのホールでImagine Cup 2014に出場した全作品が一般公開されました。大盛況です。 チーム「かぞくぐるみ」のコーナーも大盛況。子供が多かったこともあり、自分の身体の動きに合わせてぬいぐるみが動く「Cuddly...
Page 1 of 5 (120 items) 12345