Imagine Cup 2006 News Blog

この速報ブログは、今年 8 月 6 日 - 12 日にインドのデリーとアグラで開催されれる世界大会に向けた準備の状況や大会期間中の速報を出来る限りタイムリーにお伝えすることを目的としています。写真もおりまぜながら、頑張っている日本代表の学生の皆様、同行しているサポーターの皆様、そして、私たちの知らないインドの素顔もお知らせしていきたいと考えています。

Blog - About

About Imagine Cup 2006 News Blog

私はマイクロソフト株式会社のデベロッパー&プラットフォーム統括本部という組織でアカデミック市場や一般ユーザー様向けの施策を担当しています。このブログでは、今年で 4 回目をむかえる全世界の学生を対象とした技術コンテスト Imagine Cup (イマジン カップ) の情報をご提供しています。


伊藤 信博 (いとう のぶひろ)

  • Imagine Cup 2006 News Blog

    これがインド世界大会!! 日本代表とサポーターのノンフィクション映像公開

    • 3 Comments
    お待たせしました。 インド世界大会から帰国して約 2 週間経過しましたが、 期間中に日本代表やサポーターを追いかけ取材した 映像 が完成しました。題して、「 人材を育成するソフトウェア / 世界に挑む若者たち 」です。 このブログではなかなかお伝えしきれなかった 世界大会のエキサイトメント を出来るだけ多くの方にお届けしたく、インドに同行したスタッフだけで編集しました。 喜びあり、涙あり・・・日本代表はもちろんのこと、私も含めて、マイクロソフトのスタッフの素顔もご覧いただけます...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    Imagine Cup 2007 韓国世界大会へ向けてまもなく始動

    • 0 Comments
    既に、いくつかのニュースでも報道されていますが、来年夏の韓国世界大会にむけて、 Imagine Cup 2007 の登録準備が着々と進んでおります。 上記はバナー候補のひとつです。(まだ登録は開始しておりません。) Imagine Cup 2007 のテーマは「 テクノロジの活用による、より良い教育の実現に向けて ( Imagine a world where technology enables a better education for all ) 」です。 子供 の教育をイメージする方もいらっしゃるかもしれませんし...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    リストバンドで進む方向を指示するソフトウェア

    • 0 Comments
    ソフトウェア デザイン部門の第 2 位はブラジルチームでした。私が彼らの作品をはじめて見たのは、今年の 6 月末、マイクロソフト米国本社で開催されたビル ゲイツとのラウンドテーブルの場でした。 写真の最前列がブラジルチームのメンバー(今年 6 月 27 日撮影)ですが、主要な場面には必ずワールドカップ ブラジルチームのユニフォームを着て登場します。 さて、彼らの作品ですが、モバイル端末や GPS 機能 、地図情報をベースに、リストバンドをつけた人を目的地まで安全に誘導するというものです...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    患者の行動履歴を医者に伝達するソフトウェア

    • 0 Comments
    Imagine Cup 2006 インド世界大会 ソフトウェア デザイン部門で優勝したイタリア代表チームの作品は、身に着けるハードウェアを利用して患者の行動履歴を医者に伝達するというものでした。プロジェクト名は「Hello World」です。 写真の一番右がイタリア代表チームですが、彼らのプレゼンテーションは、あらかじめ用意した VTR で作品の活用シーンを表現し、その後で、プレゼンテーションとデモンストレーションを行うというものでした。患者が街のある場所で倒れてしまうのですが、その位置やその時点の患者の状態を記録します...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    全ての参加者がスーパー スター! 最新情報は毎日のニュースで

    • 0 Comments
    世界大会の期間中、毎朝、宿泊している部屋のドアの下から部屋の中に紙が挿入されています。 「 Imagine Cup Times 」という速報です。毎回、各国のスーパースターを取材し、そのコメントを掲載していました。 初日に挿入された創刊号では、前日の夜のパーティーで取材を受けたソフトウェア デザイン部門 日本代表の中山さんのインタビュー記事が掲載されていました。中山さんは今回のインド世界大会は 3 度目の出場となります。ブラジル、横浜、そしてインドの世界大会を経験したすばらしい実績の持ち主です...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    アグラ - デリー間の道のり

    • 0 Comments
    「Load to アグラ」という Xbox 360 のドライビング ゲームができたら面白いかも・・・という人がいました。まさに、この道のりはハラハラどきどきの連続なのです。 人口が多いインドですからたくさんの人がバイクや自動車、オートリクシャーやバスで移動するのは想像がつくと思います。それ以外に、水牛や牛、豚や犬や猿が道路を利用して移動するのです。デリーとアグラの間は舗装された道路ではありますが、でこぼこ道が続き、クーラーのついた最新型のバスに乗っても、 6 時間の移動は腰にきます...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    日本代表とサポーター 無事帰国

    • 1 Comments
    8 月 5 日から 13 日までの 9 日間の日程を終え、本日 9:30 に 無事に成田空港へ到着 しました。先日のイギリスでの航空関連のニュースを受け、インドを出発する際はセキュリティチェックが非常に厳しく、大混乱でした。機内に持ち込める手荷物はカバン 1 つまでで、パソコンやデジカメ、携帯電話等の電子機器は全てスーツケースに入れてチェックインしなければなりませんでした。こうなってしまうと機内に持ち込むものは殆どなくなってしまいますので、私はジーンズのポケットにパスポートとチケットを入れ、手ぶらで搭乗する事にしました...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    最終決戦の舞台裏

    • 1 Comments
    昨日でインド世界大会は幕を閉じましたが、速報ではお伝えしきれなかったお話を共有したいと思います。 この写真は 8 月 10 日のソフトウェア デザイン部門 最終ラウンドで 6 チーム全てのプレゼンテーションが終了した直後に 舞台裏で撮影 したものです。日本代表の真ん中にいる彼はブラジルチームのリーダー Ivan さんです。彼は、 6 月 28 日にシアトルで行われたビル ゲイツとのラウンドテーブルにも参加しており、日本代表とはその頃から仲良くしていました。 彼は、この最終ラウンドの日...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    インド世界大会終了! そして、来年の韓国へ

    • 1 Comments
    現地時間 11 日 12:00 - 16:00 デリー市内の ASHOK Hotel にてインド世界大会の表彰式が行われました。インド政府からは Minister for Science and Technology and Ocean Development 、韓国政府からは Ministry of Education and Human Resources Development が参加され、インドの民族ダンスのショー等も行いつつ、各部門の上位 3 チームを発表しました。 ソフトウェア...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    Imagine Cup 2006 表彰式 デリーは日本晴れ

    • 0 Comments
    いよいよ、現地時間 11 日 12:00 より、デリーにて表彰式が行われ、ソフトウェア デザイン部門の結果が発表されます。 これから会場に向かい、良い席を確保する予定です。 ホテルから見えるデリーは日本晴れです!
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    デリーの最終決戦! ソフトウェア デザイン部門 日本代表

    • 1 Comments
    アグラを朝 5:30 に出発し、簡単なリハーサルを行った日本代表はデリーの大舞台に立ちました。ノルウェー、ブラジル、イタリア、日本、中国、デンマークの順番で登壇しました。日本代表のデモンストレーションの合間には大きな拍手があり、なかなかの感触でした。 いよいよ明日の午後、結果発表です!
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    快挙! ソフトウェア デザイン部門 日本代表 ベスト 6 入り 明日、最終決戦へ

    • 12 Comments
    やりました! 日本代表は、明日、13:00 より、デリーの舞台で最終決戦を行います。
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    泣き声の正体がわかりました

    • 1 Comments
    それは、野生のクジャクでした。お猿さんだけでなく、クジャクさんも部屋に入ってくるのでしょうか。
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    ホテルのトイレにも水桶

    • 0 Comments
    インドのトイレ事情については、多くの旅行ガイドで取り上げられているのでご存知の方も多いかもしれません。 ここ JAYPEE PALACE はアグラの中でも高級リゾートホテルとして知られているところで、インド各地からバカンスに訪れる方が多いそうです。 ホテルのトイレひとつとっても、それぞれの国の文化に適した用意があるのですね。 写真中央が水桶と蛇口です。
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    お猿さんが部屋に入ってくる?

    • 0 Comments
    この写真は私が宿泊しているアグラのホテルの 1 階の部屋の窓ガラスに貼ってあるボードです。「冗談でしょ?」と思った次の瞬間、少し先の通路をしっぽの長いお猿さんがお散歩しているのを発見しました。私の部屋の約 30m 先はホテルの外側になるのですが、そこはまさに野生の王国だそうです。朝起きると、猫でもなく、小鳥でもない、あまり聞いたことのない泣き声が聞こえるのでした。
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    今日は文化交流の日

    • 0 Comments
    ソフトウェア デザイン部門を除き、殆どの部門の競技が終了しました。明日は、ソフトウェア デザイン部門の上位 6 チームによる最終ラウンドが行われます。 昨年の横浜世界大会でも、大会期間中の中日に横浜の三渓園ツアーを行いましたが、今回は、 アグラの遺跡 を清掃する「改修/ 復旧プロジェクト」というものを行います。 1600 年代に建設された文化財も、老朽化がすすみ、観光客が残したゴミなどがそのままにされる傾向があるそうです。この世界大会に参加している方々で、文化遺産の維持に貢献するという試みです...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    心やすらぐ 日本向けヘルプデスク

    • 0 Comments
    既に 24 時間競技は終了し、このヘルプデスクも店じまいをしましたが、数時間前まで、 24 時間交代制で、このデスクをひらきました。 Imagine Cup 全体のヘルプデスクの一角を間借りして、最新のスケジュール、各部門の進捗状況を共有する他、味噌汁、おせんべい、カリカリ梅、入浴剤、リンス、栄養ドリンク、カップラーメン等、カレーに飽きた時に楽しむ食材も用意しました。私も、カレーに飽きたわけではないですが、これらの食材のお世話になりました。 このコーナーが設置されている場所は、ホテルの敷地内で言うと...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    本当にお疲れ様でした! ビジュアル ゲーミング部門 上位チーム発表

    • 2 Comments
    現地時間 8 日 17:00 から、ビジュアル ゲーミング部門の上位チームの発表が行われました。この発表は、各チームが 24 時間競技を通じて作成した DLL を審査員に提出し、その DLL 同士を用意されたゲーム環境で再生させるというものです。 ここでは、 3 位もしくは 4 位になるチーム、1 位もしくは 2 位になるチームが発表されました。ビジュアル ゲーミング部門 日本代表は前述の中には含まれなかったものの、この世界大会まで勝ち進んできたという事はすばらしい偉業だと思います...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    ソフトウェア デザイン部門 二次予選( Round 2 )終了

    • 1 Comments
    一次予選を勝ち抜いた 12 チームが、現地時間 8 日 14:00 から 4 つのカテゴリーにわかれ二次予選のプレゼンテーションを行いました。 この二次予選は 35 分のプレゼンテーションと 15 分の質疑応答と時間が長くなっています。 Docterra の皆さんは、一次予選終了の時点からこの長い時間をどのように利用するか、戦略を練っていました。彼らのキラー コンテンツでもある Docterra AR もお披露目し、審査員の方にも実際にヘッドマウント ディスプレイを試していただくなど...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    ビジュアル ゲーミング部門 24 時間競技終了!

    • 0 Comments
    鈴木さん、竹井さん、本当にお疲れ様でした! 24 時間終了のカウントダウンは日本のサポーターの皆さんで日本語で行いました。 次はいよいよ 5:00 からの結果発表です。二人の笑顔が本当に素敵ですね。
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    一次予選( Round 1 )突破! ソフトウェア デザイン部門 日本代表

    • 0 Comments
    41 ヶ国で戦った最初の予選で、 日本代表チームは見事に二次予選( Round 2 )進出 を果たしました。これからわずか 2 時間後に、二次予選( Round 2 )のプレゼンテーションを行うことになります。 41 ヶ国、どのチームも本当に素晴らしかったです。
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    緊急記者会見で日本代表チームが自己アピール

    • 0 Comments
    最初の関門となる Round 1 を終え、ホッとしていたソフトウェア デザイン部門の日本代表チームに海外のメディア関係者の方々が取材のリクエストをしていました。他の国のチームでも、例えば、ノルウェーやイギリスなどは比較的取材のリクエストが多かったそうです。こうしたチームを集め、7 日 17:30 より緊急で記者とのラウンドテーブルを開催しました。 各国の記者の方々が約 20 名集まり、ノルウェー、イギリス、日本の代表チームの取材を行いました。一番最後の出番となったソフトウェア デザイン部門...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    ビジュアル ゲーミング部門 日本代表 ただいま休憩中

    • 0 Comments
    24 時間競技と言ってもずっと集中しなければならないというわけではありません。彼らのように休憩を取りながら頑張っているチームもあります。 日本代表チームは彼らのペースで競技を楽しんでいました。
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    ソフトウェア デザイン部門 日本代表チーム Round 1 無事終了! なかなかの感触!

    • 2 Comments
    つい先程、ソフトウェア デザイン部門 日本代表チームの最初のプレゼンテーションが終了しました。20 分のプレゼンテーションと 10 分の質疑応答です。この Round 1 の会場はプレゼンテーションするチーム、4 名の審査員のほか、4 - 5 名の報道関係者の方々が入れる事になっています。日本からは、日本代表チームも含めると 27 名のサポーターが来場していますので、残念ながら、全員で会場内に入ることができません。 応援したい気持ちは一緒ですので、中に入ることができなかった方々で一緒に外から応援しました...
  • Imagine Cup 2006 News Blog

    24 時間競技 スタート!!!

    • 1 Comments
    現地時間 7 日 10:00、全ての部門の競技がスタートしました。ソフトウェア デザイン部門とビジュアル ゲーミング部門の日本代表は、それぞれ別の部屋でルール等の説明を受け、本番に入りました。 ソフトウェア デザイン部門は、41 のチームが合計 4 つのカテゴリーに抽選にてわけられ、日本代表チームは、ドイツ、ブラジルといった同部門では強豪と言われる国と同じカテゴリーになりました。上記の写真は、午前中に行われたライトニング ラウンドの模様で、ここでは 7 分間のプレゼンテーションの時間を持ち...
Page 1 of 3 (53 items) 123