Web Farm Framework 2.0 がリリースされておりました。

Overview of the Web Farm Framework 2.0 Beta for IIS 7
http://learn.iis.net/page.aspx/907/overview-of-the-web-farm-framework-20-beta-for-iis-7/

名前の通り、Web サーバーでファームを構成する際の、複数サーバーにまたがる設定、コンテンツの配置、管理などをフレームワーク化し、作業を軽減するためのものです。

勉強がてら概要を訳してみましたので興味のある方はご覧ください。 なお、正確に内容を把握されたい方は原文をご覧ください。(私ゃ英語の独特の表現とか、よくわかりませんので。。)

 

Web Farm Framework 2.0 Bata for IIS7 概要

Microsoft Web Farm Framework ( WFF ) 2. 0 for IIS 7. 0 は、プロビジョニング、スケーリング、および複数のサーバーの管理を簡素化します。

管理者はシームレスに複数サーバーのプロビジョニングをおこない、コンテンツを展開し、elastic スケーリングを有効にするのためにそれらを使用することができます。

Web Farm Framework を使用して、サーバー ファームのプロビジョニングと健常性に関する最新のステータスを提供し、統一されたインターフェイスを通じてサーバー (もしくはサーバー ファーム) の操作を実行できます。

また、効率的な方法でウェブインフラストラクチャを利用して管理コストを下げ、継続的にサーバファームの管理を簡素化することも可能です。

 

シームレスな準備と展開
================ ========
Web Farm Framework 2. 0 は負荷分散と elastic  スケールのために Application Request Routing (ARR) を同じ一つの手順に統合します。

WFF はサードパーティーのロードバランシング製品で動作し、基本的なロジスティクスを簡素化することによってサーバのアップグレード、スワップ、追加の機能を高めます。

また、ロードバランサーを使用する準備ができているサーバーを、簡単に表示できるようサーバの準備状態のスナップショットを提供します。

 

簡略化されたサーバーとファーム管理
======================== =============
Web Farm Framework 2. 0 は 、ファーム内で実行されてるオペレーションのステータス見るための 1 つのビューとユーザーインターフェース を提供します。

最も頻繁に使用するファーム上の操作を実行するためのインターフェイスを使用することもできます ( もしくは 個々 のサーバー ファーム )。

さらには、Windows PowerShell  で Web Farm のフレームワークの API や、コマンドレットを使用すると WFF  の機能とプログラムで対話することができます。

 

Web Farm Framework の機能
=================== ===========
Web ファーム Framework 2. 0 の主な特長は以下のとおりです。

  • ファームにサーバーを追加するための ワンステップ・プロビジョニング
  • Platform Web PI を使用したプロビジョニング
  • Web Deploy を使用したアプリケーションのプロビジョニング
  • ポリシーベースのプロビジョニング
  • 追加のプラットフォーム コンポーネントおよびコンテンツのインストール
  • ARR を使用して負荷分散を統合しダウンタイムを削減
  • サーバー ファームのサーバーの最新のステータスとトレース ログ
  • 追加プロバイダーを記述することが許可された拡張モデル

< ココマデ> -----

大規模な Web システムの構成で重宝しそうですね。

ぜひご検証くださいませ。

 

【おしらせ】

Microsaoft tech・Ed が今年も開催されます。

Microsoft tech・Ed Japan 2010

開催日程 : 2010 年 8 月 25 日 (水) ~ 8 月 27 日 (金)
開催場所 : パシフィコ横浜 横浜市西区みなとみらい 1-1-1
公式サイト : http://www.microsoft.com/japan/teched/2010/

みなさまふるってご参加のほど、何卒よろしくお願いいたします。

Web Statistics