SharePoint 2010 の容量管理リソース センターを使用したサーバー ファームの計画

Body:

SharePoint 2010 製品のリリースによって、容量およびパフォーマンスのドキュメントに対するマイクロソフトの取り組み方は大きく変化しました。当社はお客様からのフィードバックに耳を傾け、SharePoint Server 2007 のユーザー エクスペリエンスに関する情報を収集し、独自のテストを行うことで、SharePoint 2010 での容量およびパフォーマンスの管理に関する包括的な初期ガイダンス集を制定しました。

マイクロソフトが公開している容量管理リソース センター (http://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ff601870.aspx) は、お客様が必要としているコンテンツの検索に役立ちます。まずは、容量管理のサイズ設定の概要 (http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc261700.aspx (英語) ) を読み、容量管理の概念と、環境のサイズ設定、設計、展開、監視、管理という 5 つのステップを理解してください。現在閲覧できる他のコンテンツとしては、SharePoint Server 2010 の境界および制限事項 (http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc262787(Office.14).aspx)、ストレージおよび SQL Server の容量計画 (http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc298801.aspx (英語) )、SharePoint 2010 運用環境の技術的なケース スタディ、および特定の機能およびサービスに関する推奨事項があります。近々、多くのコンテンツが追加される予定なので、今後何度かアクセスして新しいホワイト ペーパーや記事が公開されていないか確認してください。

投稿日: 2010 年 8 月 15 日 午後 11:39

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は「Plan Your Server Farm with Capacity Management Resource Center for SharePoint 2010」をご覧ください。