ユーザー選択ウィンドウとカスタム クレーム プロバイダーについて

最近、ユーザー選択ウィンドウ コントロールおよびこのコントロールとカスタム クレーム プロバイダーとの関係について記述した新しいコンテンツを公開しました。ユーザー選択ウィンドウ (下図) は Web コントロールの 1 つです。ユーザー、グループ、およびクレームを検索して選択し、Microsoft SharePoint Server 2010 および Microsoft SharePoint Foundation 2010 のアイテム (一覧、ライブラリ、サイトなど) に対するアクセス許可を与えるために使用されます。

 

ユーザー選択ウィンドウをサイト コレクションで効果的に使用するには、サイト コレクションが含まれている Web アプリケーションで使用される認証方法とユーザー選択ウィンドウとの関係を理解することが大切です。ユーザー選択ウィンドウが解決し表示する情報は、Web アプリケーションでクラシック認証とクレーム ベース認証のどちらが使用されているかによって異なります。新しいユーザー選択ウィンドウのコンテンツをお読みになる前に、まず「 認証方法を計画する (SharePoint Server 2010)」をお読みになることをお勧めします。

 

ユーザー選択ウィンドウを構成するための Windows PowerShell コマンドレットはないことにも注意してください。ユーザー選択ウィンドウの構成は、Stsadm setproperty 操作のプロパティを使用して行いますが、これは Web アプリケーションで Windows 認証を使用する場合に限られます。

 

新しく公開されたコンテンツには、次の記事が含まれています。

  • People Picker overview (SharePoint Server 2010) (英語) では、ユーザー選択ウィンドウ コントロールとその動作について説明し、認証およびクレーム プロバイダーとの関係を説明しています。また、ユーザー選択ウィンドウの計画に関する考慮事項についても説明しています。
  • Custom claims providers for People Picker (SharePoint Server 2010) (英語) では、クレーム プロバイダーの使用と利点、クレーム プロバイダーのアーキテクチャ、カスタム クレーム プロバイダーに関する特別な考慮事項、およびカスタム クレーム プロバイダーの計画に関する考慮事項について説明しています。

 

カスタム クレーム プロバイダーのコンテンツを記述する際に Steve Peschka に大いに助けられました。クレームおよび SharePoint の詳細については、彼のブログ http://blogs.technet.com/b/speschka/ (英語) を参照してください。

 

いつものようにフィードバックをお待ちしています。  itspdocs@microsoft.com にメールをお送りください。


Cern McAtee

テクニカル ライター

SharePoint IT Pro コンテンツ チーム

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は「Understanding People Picker and custom claims providers」をご覧ください。