Microsoft SharePoint チームのブログ

Microsoft SharePoint 製品グループの公式ブログ

April, 2011

Blog - About

Microsoft SharePoint Team Blog (日本語訳) について

  • Microsoft SharePoint チームのブログ

    分類 – ゼロからの挑戦

    SharePoint 2010 の発売以降、最も話題になっている機能の 1 つに Managed Metadata Service (英語) があります。このサービスをはじめ、このサービスが提供する豊富な企業分類のモデル化および展開のサポートについて見聞きしたことがなければ、Pat 氏の投稿「 Introducing Enterprise Metadata Management (英語) 」をご覧になることをお勧めします。SharePoint 2010 が備えるこの優れた分類機能に習熟している場合は...
  • Microsoft SharePoint チームのブログ

    ビデオ: SharePoint コンテンツをオフラインで取得するためのクライアント ツールを展開する

    SharePoint Workspace 2010 を オフラインで作業する SharePoint サイトの投稿者に展開する方法、つまり SharePoint サイトのオフラインでの使用をサポートする方法に関する新しいビデオが公開されました。 ご覧ください: Deploy a client tool for taking SharePoint content offline (video) (英語) お読みいただき、ありがとうございました。 Mena Paton、SharePoint...
  • Microsoft SharePoint チームのブログ

    SharePoint 2010 のカスタム クレーム プロバイダーで Secure Store Service を使用する

    先日、カスタム クレーム プロバイダーで Secure Store Service (SSS) を使用して作業していたとき、私は珍しい問題点に気付きました。これは実際に興味深いシナリオです。というのも、多くの人々が実行したいと思うカスタム クレーム拡張を行っていたからです。私は、各ユーザーに関する追加情報をクエリし、その情報を使用して拡張すべきクレームを判断するため、リモート データ ソースに接続する必要がありました。 カスタム クレーム プロバイダーでのデータ ソースの使用に関する一般的なガイドラインとして重要なことは...
  • Microsoft SharePoint チームのブログ

    どの BI ツールが最適かを判断しようとする

    どのビジネス インテリジェンス アプリケーションがご自分の業務に最適か判断しようとしていますか。 利用できるすべての選択肢の中で、どのような種類の BI が適しているかご存じですか。 ホワイト ペーパー「 How to Choose the Right Business Intelligence Technology to Suit Your Style (英語) 」は、このような疑問の解決に役立ちます。 5 種類の BI ( セルフサービス分析、ビジネス レポート、パラメーター化されたレポートとオペレーション...
  • Microsoft SharePoint チームのブログ

    SharePoint 2010 クレーム認証ログインが ADFS 認証ページで停止する

    この問題はこれまでにも何度か発生していて、そのたびにすべてが台無しになっています。そこで今回は、その問題と解決方法を記そうと思います。皆様の環境でも、これと同じ問題が発生していると思うからです。 ここでは前提として、SharePoint Web アプリケーションが SAML クレームを使用するように構成され、IP-STS は ADFS 2.0 であるとします。どういう問題が発生するかというと、SharePoint が ADFS ログイン ページにリダイレクトした後、ブラウザーが "停止" します...
  • Microsoft SharePoint チームのブログ

    SharePoint 2010 のカスタム クレーム プロバイダーを Visual Studio 2010 SharePoint プロジェクトにパッケージする

    これまで、SharePoint 2010 ソリューションの開発に Visual Studio 2010 を使用した経験があれば、カスタム クレーム プロバイダーをパッケージするときに通常とは少し異なる特徴があることにお気づきでしょう。 Visual Studio 2010 では、新規作成したフィーチャーを右クリックして [イベント レシーバーの追加] (Add Event Receiver) メニューを選択するだけで、フィーチャー イベント レシーバーを簡単に追加できます。 ソリューションの構成ではなく...
Page 1 of 1 (6 items)