原文の記事の投稿日: 2011 年 5 月 28 日 (土曜日)

投稿者: Christophe Fiessinger、マイクロソフト、シニア テクニカル製品マネージャー

SharePoint Lifecycle Management Solution with Project Server 2010 (英語) のリリースを公表することになり嬉しく思います。Microsoft SharePoint Server 2010 には、ビジネス ユーザーと IT の両方がソリューションを速やかに作成できるようにする非常に多くの機能が用意されています。このため、多くの組織が幅広いビジネス ソリューションに対応するための中心的プラットフォームとして SharePoint の導入を検討しています。これらの組織では、そうしたビジネス要求の追跡、管理、および優先順位付けを行う最適な方法が必要になる可能性があります。SharePoint Lifecycle Management Solution with Project Server 2010 は、SharePoint のビジネス要求を管理するためのフレームワークとガイダンスを提供するもので、2 つのホワイト ペーパーと 1 つのサンプル データセットが含まれています。

このノーコード ソリューションの内容は、次のとおりです。

  • 管理職意思決定者/技術職意思決定者向けホワイト ペーパー。Microsoft Project Server 2010 を採用し、拡張要求およびプロジェクト提案を通して SharePoint ライフサイクルの管理をどう支援できるかを示すビジネス評価が含まれています。
  • 技術的なホワイト ペーパー。SharePoint Lifecycle Management ソリューションのインストールおよびカスタマイズ方法の詳細な手順と、その使用方法の基本的な手順について説明します。
  • Project Server 2010 サンプル データベースとテンプレート。概念を示す場合に使用できます。このサンプル データセットを使用するには、Project Server 2010 が完全に構成され (Project Server 2010 の TechNet を参照してください)、Microsoft Project 2010 Solution Starters (英語) の Dynamic Workflow および Workflow Visualization Web Part の各ソリューションが用意された、Microsoft SharePoint 2010 の作業インストール環境を含むファームが必要です。
Jornata (英語) で作成されたソリューションの概要については、先週の Tech.Ed の最新ビデオ (http://channel9.msdn.com/Events/TechEd/NorthAmerica/2011/OSP202 (英語)) をご覧ください。

BDM ホワイト ペーパーの目次
Why Customers Choose SharePoint
SharePoint as a Central Service
SharePoint Lifecycle Management
Introducing the SharePoint Lifecycle Management Solution with Project Server 2010
    Managing SharePoint Requests
    Discovery and Further Definition
    SharePoint Project Selection
    Project Planning and Management
    Evaluating SharePoint Project Success
SharePoint Lifecycle Management Solution with Project Server 2010: Key Benefits
About the Solution
    Solution Artifacts
Conclusion

大事なことを言い忘れていましたが、Project のサイトにある Microsoft Project ポートフォリオ管理オファリングに関するその他の既存のホワイト ペーパー (http://www.microsoft.com/project/en/us/articles-white-papers.aspx (英語)) も忘れずに確認してください。
 

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「SharePoint Lifecycle Management Solution with Project Server 2010」をご覧ください。