原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日)

マイクロソフトの Office コンテンツ発行グループに所属する私達のチームでは、SharePoint Server のビジネス インテリジェンス機能に関するヘルプ コンテンツを執筆しています。このブログでは、チームのサイトやその他の便利な場所でビジネス インテリジェンス コンテンツを再利用したり共有したりする方法を説明します。

SharePoint Server 2010 になって、ビジネス インテリジェンス センターというサイト テンプレートが提供されました。これを利用すると、ビジネス インテリジェンス コンテンツを格納および整理する場所を作成して構成する、そのコンテンツに対するユーザーの権限を管理する、コンテンツの再利用可能性を高める、といったことが可能になります。

ビジネス インテリジェンス コンテンツの格納および整理

ビジネス インテリジェンス センターは、すべてのビジネス インテリジェンス コンテンツを格納して管理する中心的な場所として利用できます。ここに含まれるリストやライブラリに、以下のような特定の種類のコンテンツが格納されます。

  • データ接続ライブラリ。ここには、さまざまなアプリケーション (Excel Services、PerformancePoint Services、Visio Services、Reporting Services など) から使用できるデータ ソースが格納されます。
  • PerformancePoint コンテンツ リスト。ここには、ダッシュボード デザイナーを使用して作成されたダッシュボード アイテムが格納されます。たとえば、データ ソース、レポート、スコアカード、主要業績評価指標 (KPI)、ダッシュボード フィルター、ダッシュボード ページなどです。
  • ダッシュボード ライブラリ。ここには、公開されたダッシュボードが格納されます。
  • ドキュメント ライブラリ。これはファイルの格納に利用できます。ドキュメント ライブラリには Excel Services のサンプル ブックも含まれています。

ビジネス インテリジェンス コンテンツへのユーザー権限の管理

ビジネス インテリジェンス センターが特に便利なのは、一度設定しておけば、組織内のユーザーが各自に割り当てられた権限に基づいて、そこにアクセスできることです。設定できる権限は、大きく次の 4 つのレベルに分かれます。

  • 読み取り権限。情報を表示することだけができます。
  • 投稿権限。アイテム (データ接続、レポート、スコアカード、KPI、ダッシュボード ページ、フィルターなど) の表示、作成、および編集を行えます。ただし、ダッシュボードを発行することはできません。
  • 設計権限。アイテムの表示、作成、および編修と、ダッシュボードの発行を行えます。
  • フル コントロール権限。アイテムの表示、作成、編修、ダッシュボードの発行、およびユーザー権限の表示/変更を行えます。

ビジネス インテリジェンス コンテンツの再利用

ビジネス インテリジェンス センターには、既に作成されているアイテムを組織で再利用できるメリットもあります。たとえば、あるダッシュボード作成者がダッシュボード用の役に立つ販売レポートを作成したと仮定します。そこで、同じレポートを別のダッシュボードで使いたいと思います。次のどちらかの方法で、これを簡単に行うことができます。

  • ダッシュボード デザイナーを使用してレポートとダッシュボードの両方を作成する場合は、ダッシュボードを編修用に開き、ダッシュボード デザイナーでページに必要なレポートを追加します (詳細は、「ダッシュボード デザイナーを使用してダッシュボード アイテムをページに追加する」をご覧ください)。
  • ダッシュボード デザイナーでレポートとダッシュボードのどちらかを作成しなかった場合は、SharePoint Server の編修モードを使用します。Web パーツ ページを編修用に開き、いずれかの領域で [Web パーツの追加] をクリックし、[カテゴリ] および [Web パーツ] ウィンドウを使用して、ページに追加したい Web パーツの種類を指定します。次に、その Web パーツのツール ウィンドウを開くリンクをクリックし、レポートの場所と名前を指定します (詳細は、「基本ページと Web パーツ ページを作成する」と「Web パーツをページに追加する」をご覧ください)。

同じレポートを複数の場所で再利用でき、これで情報の共有に無駄な時間や手間を割かなくて済みます。

より詳しい情報

ビジネス インテリジェンス コンテンツの作成、管理、および共有についてさらに詳しく知りたい場合は、以下のリソースをご覧ください。

入門的なコンテンツ

はじめに: ビジネス インテリジェンス センターの概要

ダッシュボードを使ってみる

はじめに: PerformancePoint ダッシュボード デザイナー

追加的なコンテンツ

Using Excel Services to Share Pieces and Parts of Excel Workbooks (英語)

PerformancePoint ダッシュボードによる組織のパフォーマンス表示を計画、設計、および実装する

ダッシュボード デザイナーを使用してデータ接続を作成する

ダッシュボード デザイナーを使用してレポートとスコアカードを作成する

ダッシ���ボード デザイナーを使用してダッシュボード フィルターを作成する

ダッシュボード デザイナーを使用してダッシュボード ページを作成して組み立てる

ダッシュボード デザイナーを使用してダッシュボードを発行する

私達のチームは、皆さんのご意見をお待ちしています。コメント フォームを使用してご意見をお寄せください。この情報は役に立ちましたか?他に知りたいことはありますか?皆さんのご意見を参考に、今後もより詳しいコンテンツを発行して参ります。

ダッシュボード活用のお役にたてば幸いです。

Denise Stendera

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Sharing Up-to-Date Information in Convenient Locations」をご覧ください。