Windows Mobile 5.0 + Compact Framework 2.0 になって、Pocket Outlook のデータを簡単に扱うことができるようになりました。これが POOM(Pocket Outlook Object Model) です。

要となるのは、Microsoft.WindowsMobile.PocketOutlook のクラスライブラリです。

PocketOutlook には予定表(Appointment)、連絡先(Contacts)、仕事(Tasks)のデータがありますがここにアクセスするには、以下のような手順で行います。

  1. Pocket Outlookに接続する
     OutlookSession
  2. 各データを取得する
     OutlookSession.Appointment.Items
     OutlookSession.Contacts.Items
     OutlookSession.Tasks.Items
  3. Pocket Outlookへの接続を切断する
     OutlookSession.Dispose

例えばこんなコードを書けば、予定表のデータをListViewコントロールに取得することができます。

 AppSession = New OutlookSession()
 AppAppts = AppSession.Appointments.Items

         For Each appt As Appointment In AppAppts

            lviAppt = New ListViewItem()
            lviAppt.Text = appt.Start.ToShortDateString()
            lviAppt.SubItems.Add(appt.Start.ToShortTimeString())
            lviAppt.SubItems.Add(appt.Subject)
            Me.ListView1.Items.Add(lviAppt)

        Next

 AppSession.Dispose()

ぜひ一度お試しあれ!