デジタル一眼レフが普及し多くの方がご購入されるようになりました。

デジタル一眼レフの最大のメリットはレンズ交換とその画質。特に画質を求める方は RAW フォーマットで撮影される方も少なくないかと思います。

RAW?

通常デジカメはCCDに入ってきた画像情報を変換し、さらに明るさの補正、ホワイトバランスの補正、色合いの調整をして、最終的に圧縮してJPEG画像などに変換してメモリーカードに保存します。そのため、JPEG画像には補正済みの情報しかありません。

RAWフォーマットはCCDに記録された情報をそのままファイルとして保存するため、撮影後にホワイトバランスや、色調などの補正をかけることができます。

せっかくVistaなのに

...しかし、RAWフォーマットはCCDの情報をそのまま保存するので、各社フォーマットが異なります。(拡張子までばらばら)また、そのため、画像ファイルとはいえ、Windows Vista などではサムネールを確認したり情報を拾ったりと、JPEG画像のように簡単に扱うことができません。

ようやく出揃いました

そこで、カメラメーカー各種からVistaでRAW画像を扱うためのソフトウェアが公開される用になりました。現在はほとんどのメーカーからプラグインがリリースされているので安心してRAW画像を扱うことができます。

RAW Plugin for Vista

とりあえず私が知っている範囲で公開されているRAW Codec ドライバです。

インストール前とインストール後

image image

これなら、RAWもお気軽に扱えますね。 ただ詳細情報についてはExifではないので難しいようです。(メーカーごとに異なるかもしれません)

image

まずは、デジタル1眼レフユーザーでVistaを使っている人は入れておきましょうね。

参考

デジ1ならVistaを