大体以下のとおり

パスワードロック

数字4桁か7文字以上の英数字でパスワードロック。再入力への時間も設定する。5回間違えると初期化される。Exchange Server からパスワードロックを必須に設定することや、消去・メモリカードの消去も可能

セキュアな通信

VPN, SSL 256ビット暗号化通信、802.1x,WPA, X509デジタル署名を利用可能

マルウェア対策

証明書の無いアプリケーションのインストールをブロックすることができる。また「特権モード」の設定により、特権が与えられたアプリのみ特定のファイルやレジストリの書き換えができ、それ以外のアプリはできないようにすることでシステムを守る

特にマルウェア対策については、Standard では顕著に現れていますね。電話と課金がかかるので当然といえば当然かもしれません。

新しいWindow Mobile Device Emulator ではエミュレータのセキュリティのモードを変更することができるので、アプリケーション開発者はエミュレーターでチェックすることをお勧めします。