最近 Hub に関する考え方が自分の中で変わってきた気がします。

Windows Phone 7 の目的ドリブンを実現する Hub は非常に重要なコンセプトですが、考え方を変えれば Microsoft が標準で提供する基本機能アプリケーションとも言えます。

  • Outlook Mobile
  • 画像とビデオ
  • Marketplace
  • スタートメニューのOffice フォルダ
  • スタートメニューのゲームフォルダ

6.5における上記のアプリやフォルダを目的志向に基づいてパノラマアプリケーションとしたのがHubなのではないかと。

つまり、かりに自分がほしいハブがなければ、作ってしまえばいいだけです。Life ハブがほしければ様々な情報を集約するパノラマアプリケーションを作って、ピンしてしまえば完成です。初音ミクに関する2chスレの表示、ニコ動の最新動画、そして関連blogの最新情報、ネットの画像上ををすべて並べてミクHubがほしければパノラマアプリケーションで作ってしまえばいいわけです。(ニコ動を読み込めるかどうかは知りませんが)

実はシアトルでWP7のパノラマUIを使ったアプリケーション開発のセッションを見て「これは楽しい」と思っていたら、いつのまにかHubもこんな風に考えていました。

今の開発環境ではまだですが、今後パノラマアプリケーションも簡単に作ることができるようになります。そうなればまた新しいタイプのアプリケーションも出てくるかもしれません。