現時点で、アプリケーションからOSの持つ機能を使うにはLauncher もしくは Chooserと呼ばれる機能を介して利用することになります。ネームスペースでいうところの Microsoft.Phone.Tasks ネームスペース。

カメラでの撮影機能を使うための CameraCaptureTask や メールのアドレスを取得するための EmailAddressChooserTask 電話を掛けるための PhoneCallTask など。

Microsoft.Phone.Tasks Namespace

気を付けないといけないのはこれらは Task だということ。タスク切り替え、つまりアプリケーションの切り替えに近いことが発生します。ユーザーにとっては気にすることではありませんが、開発者はその辺のタスク切り替えにかかわる実装について気にする必要があります。