使っていると、時々不便なことがあります。それはキーボード対応。

今のエミュレーターってキーボード対応していないんです。だからURLを入力するのにエミュレーター内のSIPをマウスで打たないといけません。これが結構しんどい。

それから拡大縮小や画面のスクロール、これも面倒。せっかくぬるぬる動くのにマウスだと意外とストレスフルです。

imageimageimage

なので、Windows 7 のマルチタッチ環境が便利。入力は画面のSIPをタップして入力。実機よりも大きいので打ちやすい。そしてブラウザでのピンチ操作でのズームもマルチタッチ液晶なら対応していますのでこれも便利。

今回のエミュレーターはものすごくできがいいので、ぬるぬる感も完全に再現。それを画面にタッチして使うとこれまた快感です。

以前も似たようなことを書きましたが、今の環境になって体感するとやっぱりいいものです。WP7の開発をする方はぜひ Windows 7のマルチタッチ環境を!