高橋 忍のブログ

UX & モバイル、全ては心でエバンジェリズム♪

Phone 7 に届くまで #60:2強に食い込んでくるのか?

Phone 7 に届くまで #60:2強に食い込んでくるのか?

  • Comments 1

imageWindows Phone 7 の記事でよく書かれること。

iPhone と Android の2強に食い込んでくるのはもう無理では?

もう無理でしょ、やってもしょうがない、というなら今までの技術の進化はなかった。iPhone だって出たときは同じようなもの。では、2強に食い込めるか?勢力図は?Microsoft のマーケッターは考えているかもしれません。でも作っている人はそんなこと考えていない。どうしたらいいプラットフォームになるのか?それ一点。結果はあとからついてくる、悪い部分はすぐ直す。Windows Phone 7はいいプラットフォームになっています。

Windows Phone 7 は iPhone や Android とは違った面を見せたスマートフォン。もしかしたらちょっと難しくて一般向けには難しいかもしれない。でも、目標としたユーザーにきちんと受け入れられること、それを目指して作っています。

下位互換をなくしてメリット無し

確かにもったいない面もある。でもそのうち多くのアプリは、OSの機能を補完するためのもの。それらはどちらにせよ不要。そして、残りの一部は純粋なアプリで、新しい環境で新しく作り直したほうがいいアプリケーション。普通の人が使っているアプリの大半はこれ。そして最後の一部がネイティブ系のキラーアプリ。これはどうにかせんといかん。エミュレーターやメディアプレイヤー系などがそう。

普段使っているWindows Mobile のアプリはいくつあるのか?多くても20くらいだろう。そのうち Windows Phone 7 の Silverlight でできそうにないアプリはどのくらいあるだろうか?どうしても、必要なアプリなら、今のうちからアピールしておくといい。日本で展開されるまでにできているかもしれないです。

自信があるのは Siverlight の開発生産性。そして、Visual Studio / Expression Blend のツールの良さは群を抜いています。どんな言語でも新しい環境は難しい。でも一度慣れてしまえばたぶんほかのツールは使えなくなりますよ。

日本はまだか

まだ、未定です。でも日本語版の開発は順調に進んでいます。今言えるのはこれだけ。ごめんなさい。いろいろな人といろいろな話をしている。でも日本のスタッフの誰もが、はやく日本向けにリリーされることを伝えたい。これだけです。

日本での正式なイベントでの発表はそろそろできるかもしれません。こうご期待。

Comments
  • Flash搭載の有無が2強に割り込めるか否かの別れめですね。

    Flashを搭載すればPhone7はAndroid同様、iPoneに対抗できるデバイスになるかもしれません。

    MicroSoftは、Flashに近い機能を持ったSilverlight という強力な開発デバイスを持っています。

    FlashとSilverlight という強力な開発生産性と普及率を持ったデバイスの『両方が使えれば』開発者として非常に魅力的です。

    MicroSoftがこの2つを組み合わせたアプリ開発の土壌を整えれば、Phone7はiPhone以上のポテンシャルを発揮できる可能性を持ってくると思います。

Page 1 of 1 (1 items)
Leave a Comment
  • Please add 6 and 8 and type the answer here:
  • Post