Windows Phone Developer Tools が次のアップデートに合わせて更新されました。

Windows Phone Developer Tools January 2011 Update

更新日時は2011/2/4になっています。アップデートなので別途 Windows Phone Developer Tools RTW はあらかじめインストールしておく必要があります。

更新方法image

更新モジュールは大きく2つあります。以下の順で両方インストールしましょう。

  1. WindowsPhoneDeveloperResources_en-US_Patch1.msp
    今回のアップデートモジュールの中心
  2. VS10-KB2486994-x86.exe
    開発ツールの修正パッチ

更新内容

このアップデートは主に次回のコピー&ペーストに対応したアップデートに対するツールの対応とツール機能の向上で、その先の多言語拡張を含む大きなアップデートに対応したものではありません。

今回のアップデートによる更新された点はこちらです。特別大きく変更されている点はありませんが、エミュレーターでコピペが体験できるようになっていますね。

  • エミュレーターの更新:OSのアップデートに対応してコピー&ペーストにも対応しました。
  • リソースの更新:テキストボックスを含むPivotやPanoramaコントロールでコピーするとページが変わってしまう問題に対応
  • セルフチェックツールの追加:マーケットプレースにアップロードする前に自分でアプリケーションが基準に達しているかどうかチェックするためのツール Windows Phone Capability Detection Tool が追加されました。GUIはなくコマンドラインツールになっています。
  • デバイス接続ツール:Zuneソフトウェアなしにデバイスと接続するコマンドラインツール。Zuneが起動しているときにMedia APIが干渉してテストができなかった点を解消する。ただしドライバなどはZuneによって提供されているので接続にはZuneは必要
  • Bing Map コントロールの更新:Bing Map コントロールでのジェスチャーの操作性を改選しました
  • そのほか各種パフォーマンスの改善:画像や動画、コントロールやアプリケーションの起動時間など様々な点でパフォーマンスの改善をしました
  • Windows Phone Developer Tools 改修:64MBを超えるXAPファイルをデバイスに配置できるように修正

ということで、開発されている方はアップデートしておきましょう。