@YuGothic

@Segoe and YuGothic :

たとえば、上記の指定の場合、英数字の欧文フォント対象部分には、Windows・Macintosh の両プラットフォーム(OS)で共に "Arial" が適用され、漢字・平仮名・カタカナの和文フォント対象部分は Windows のみに "MS Pゴシック" が適用され、Macintosh では総称ファミリの "sans-serif" 系統のフォントの中からユーザーが UA の環境設定に指定している何れかのフォントが自動的に選択されて、そのフォントで表示されます。

Windows・Macintosh の両プラットフォーム(OS)に共通して標準的にインストールされている欧文フォント名に "Arial, Arial Black, Comic Sans MS, Courier New, Georgia, Impact, Times New Roman, Trebuchet MS, Verdana" などがあります。

Macintosh版Internet Explorer 5 ではフォントの複数指定は無効のため、第一候補のフォントが環境にインストールされていない場合は初期値のフォントで表示します。さらに、欧文フォント名が指定されていても、要素に個別に lang属性(XHTML では xml:lang属性)で欧米の言語を示す "en" などの言語コードを指定していなければ表示には反映されません。