登録している開発者に届く Windows Phone Marketplace Developer Newsletter によると、これまで 5本だった Windows Phone 7 の無料審査が100本まで拡張されるようです。

Marketplace開始から数か月、多くのユーザーからのフィードバックをもとに、Windows Phone 7 のフリーウェアの無料審査の本数をこれまで5本だったのを100本まで増やすことになったそうです。ということでMarketplace の登録に関する料金は以下の通り。

  • APP HUB開発者登録:$99(9800円)/ 年
  • シェアウェア審査費用:本数に限らず無料
  • フリーウェア審査費用:100本まで無料、それ以上は1本につき$19.99(バージョンアップ時は無料)
  • 売上配分:70%

登録の本数を増やすうんぬんよりも、ユーザーからのフィードバックにこたえてというのがポイントですね。ある程度の本数まではともかく、あまりほかのスマートフォンと数を競うということはしていないと思うので。

実際、現状では70%のユーザーがシェアウェアを出していますが、たぶん多かったのは Windows Mobile のころから出品していたユーザーからの意見ではないかと思います。これまで5本以上出品している開発者はWindows Phone 7からはいきなり審査費用が必要になってしまうためです。かくいう私も5本あげているのでちょっとうれしい。

現状、Marketplace の諸問題については検討中。ご意見があればぜひ、直接・間接かまいませんのでご連絡を。