ちゃんとした話はMIX11で話されると思いますが...

今年の後半のメジャーアップデートでマルチタスク対応という話ですが、

  • 消費電力とか安定性とかのためにマルチタスクはしない、って言ってたのに結局マルチタスクになるんじゃン
  • ついにWP7もWM6.5と同じマルチタスク(バックグラウンド動作)になる!

ともとられがち。たぶんこれどちらも違うと思われます。なぜこのようなことが起きるかというとマルチタスクという言葉と、バックグラウンドでの実行が混同しているのが原因かと。

アップデート後のWP7のマルチタスク対応についてはこんなイメージだと思われます。

  • 基本的に現状のWP7と同じようにマルチタスクでは動作しない
    =バックグラウンドでは停止するか終了する(サスペンド)
  • 一部のアプリでバックグラウンドで動かせるものができる
  • サスペンドしているアプリへのタスク(アプリ)切替ができる

なのでほとんどのアプリは今と同様バックグラウンドでは停止か終了になるでしょう。実際それで何ら困らないし。

  WM6.5 WP7 WP7 Next
タスク切替 なし
アプリケーションのサスペンド ×
バックグラウンド実行 × △(一部)

ちなみに、Windows Phone 7はマルチタスクだし、バックグランドでの実行も一部のアプリでは可能。例えばZuneの音楽プレイヤーだったり、ビデオだったり。それが仏のアプリには基本的に許されていないだけ。そしてアップデートで、ちょっとだけ許されるようになるだけ。