急にご祝儀袋を書かなければならなくなったけど、勿論筆文字は苦手。

そんな時に、パソコンではしょっちゃうこともありますが、ちょっといかにも「パソコンで出しました!」感が出ちゃいますよね。そんなときのテクニック。

 

作り方は簡単。

まずは行書で縦書きで文字を書く。この時は、太字にしておくのがポイント。

image

そして、右クリックで「図として保存」でpngファイルで保存します。保存ができたらそれをドラッグ&ドロップで持ってきます。

最後に図の効果でぼかしを選択、ぼかしのサイズを2~2.5pxにするとちょうどいいですね。結果はこれ.PowerPoint しか使っていません。ポイントはこのにじみ感です。

image

ぼかしのサイズを調整すればいろいろな書き味を変えられます。

image

応用すればこんなものも作れます。この丸もかなり太めに文字の太さに近いものを用意しておくといいでしょう。

imageimage

微妙に、判を押したときのずれた感、影を文字と同じ色で付けて2%ほど大きくしてずれを0にしてつけてます。

自分のプレゼン資料に、名前のほかにこんな篆刻はいかが?