#wp7dev_jp

Windows Phone のアプリケーションポリシーの中で位置情報を扱ううえでのルールが規定されています。(2.7) まとめると、こんな感じ。とくに通常引っかかりそうなのは、2.7.2、2.7.3 ですね。

2.7.1 ロケーションAPI以外で位置情報を入手しないこと
2.7.2 ユーザーに「位置情報使うよ」と表示すること
2.7.3 位置情報使用停止機能を付けること
2.7.4 位置情報をさらにほかのサービスに渡す場合、説明しその許可を得て後からでも停止できるようにすること
2.7.5 位置情報に関するシステムからの通知を邪魔しないこと
2.7.6 ユーザーが位置情報使用停止したら、それを守ること
2.7.7 特に必要のない機能で位置情報使わないこと
2.7.8 取得した位置情報が不正に使われないようにすること

 

以下高橋による意訳。間違ってたらごめんなさい。

2.7.1

Your application must determine location using the Microsoft Location Service API.

アプリケーションは位置情報を使う場合は Microsoft Location Service API から取得しなければならない。

2.7.2

The privacy policy of your application must inform users about how location data from the Location Service API is used and disclosed and the controls that users have over the use and sharing of location data. This can be hosted within or directly linked from the application.

アプリケーションのプライバシーポリシーとして、位置情報を使用して表示する方法や、位置データの利用や共有のコントロールについてユーザーに通知する必要があります。また、こういった通知はアプリケーションに内蔵し直接リンクで確認できるようにする必要があります。

2.7.3

Your application must provide in-application settings that allow the user to enable and disable your application's access to and use of location from the Location Service API.

アプリケーションの中の設定で位置情報へのアクセスをON/OFFできるような設定を用意しておかないといけない。

2.7.4

If your application publishes or makes available location data obtained from the Location Service API to any other service or other person (including advertising networks), your application must implement a method to obtain opt-in consent. To "implement a method to obtain 'opt-in' consent," the application must:

  • (a) first describe how the location information will be used or shared;

  • (b) obtain the user's express permission before publishing the location information as described; and

  • (c) provide a mechanism through which the user can later opt out of having the location information published. Your application must periodically remind users or provide a visual indicator that location data is being sent to any other service or person.

アプリケーションから、他のサービスや他の人(の広告ネットワークを含む)への位置情報の配信を行った場合、あなたのアプリケーションは、別途そのための同意を得るための機能を実装する必要があります。その場合以下のことを機能に含めなければなりません。

(a)最初に位置情報を使用または共有する方法について説明すること。
(b)位置情報を公開する前に、ユーザの明示的な許可を得ること。
(c)ユーザーが後で公開された位置情報を持っている停止できるような機能を提供すること。
   また位置データを他のサービスや個人に送信されていることを、定期的に視覚的に表示してする必要があります。

2.7.5

Your application must not override, circumvent, or suppress any Microsoft toast notification or prompts related to the Location Service API.

アプリケーションは、ロケーションサービスのAPIに関連するマイクロソフトのトースト通知もしくはプロンプトをオーバーライドしたり抑制してはいけません

2.7.6

Your application must not override or circumvent a user's choice to disable location services on the mobile device.

ユーザーがデバイス上での位置情報サービスを無効にする選択をした場合、をれを改変したり、回避してはいけません。

2.7.7

Your application must request location and retain and use location data from the Location Service API only as necessary to deliver the location-aware features your application provides to users.

位置情報取得は、アプリケーションの位置情報を使った機能をユーザーに提供する目的だけで、行われなければならない。

2.7.8

You and your application must adopt measures to protect against unauthorized access to, use or disclosure of location data received from the Location Service API.

あなたとあなたのアプリケーションは、位置情報の流用・漏洩がないよう不正アクセスから保護するための対応を行わなければならない。