#wp7dev_jp

Windows Phone 7.5 で追加されている隠されたオプションが32ビット描画。通常このオプションはOFFになっていてグラデーションなどは帯状の表現になってしまうが、オプションを使うときれいな32ビットグラデーションとなる。

指定の方法は WMAppManifet.xmlの上から3行目 <App> にオプションを追加するだけ。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<Deployment xmlns="http://schemas.microsoft...
  <App xmlns="" BitsPerPixel="32" ...

下の画面はIS12Tで試したものだが、左の16ビットと右の32ビットの描画の違いはすぐ分かる。

IMG_1380IMG_1379

ただ、このオプションはやっぱりバッテリーの消費が大きいらしい。通常のグラフィックや写真では効果がないが、風景画やこういったグラデーションを使う場面では効果がある。

C#で動的に変えられるならいいんですけどねー。

情報元:Death to banding: Windows Phone devs, please upgrade your apps to 32 BitsPerPixel

MSDN:http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff769509(v=VS.92).aspx