#wp7dev_jp

Windows Phone デベロッパーセンターに新たなコンテンツが公開されました。

"How to" ラーニング コース NEW

image

ちょっとそっけないページですが、ここにアプリケーション開発を始めた皆さんがほしいと思われるサンプルコードが解説付きで用意されています。アプリケーションに新しい機能を付けるために、自習用に、コミュニティ・勉強会での活用に、ぜひ活用してください。

"How to" ラーニング コース 内容一覧

拡張現実 (AR) アプリケーションを作成するには
空間にラベルを表示するアプリケーションを作成し、カメラからビデオを表示する方法やモーション センサーを利用する方法を学びます。

Bing のタスクを使用するには
Bing マップと検索機能を利用したアプリケーションを作成し、Bing のタスクを利用する方法を学びます。

プログラムを使ってカメラ機能にアクセスするには
基本的なカメラ アプリケーションを作成し、フラッシュ設定や解像度を変更する方法を学びます。

連絡先および予定データにアクセスするには
セレクター クラスを利用したアプリケーションを作成し、Windows Phone の連絡先や予定表のデータへアクセスする方法を学びます。

Windows Phone エミュレーターおよびツールの新機能を使用するには
加速度センサーや位置情報を利用するアプリケーションを作成し、Windows Phone エミュレーターに含まれるシミュレーション機能を利用する方法を学びます。

実行モデルを使用するには
ページ状態を永続化するアプリケーションを作成し、Windows Phone の実行モデルと実行状態やページ遷移のイベントについて学びます。

WebBrowser コントロールで HTML5 を使用するには
canvas タグや video タグを利用した HTML5 文書を表示するアプリケーションを作成し、WebBrowser コントロールの基本的な利用方法や Windows Phone アプリケーションと JavaScript との相互運用性 (WebBrowser コントロールから JavaScript の呼び出し、JavaScript から WebBrowser コントロールの呼び出し)について学びます。

タイルを更新し、セカンダリ タイルを使用するには
セカンダリ タイルを作成するアプリケーションを作成し、タイルの更新方法、スケジュール タスクを作成してエージェントを実行する方法について学びます。

ローカル データベースを使用するには
To do リストを管理するアプリケーションを作成し、ローカル データベースの作成、LINQ to SQL によるデータベース アクセスについて学びます。

アプリケーションをローカライズするには
2 つの文字列を表示するアプリケーションを作成し、多言語リソースの作成、アプリケーションとタイルの名前を多言語化する方法を学びます。

トースト、タイル、直接通知を使用するには
プッシュ通知を受信する Windows Phone アプリケーションと通知を送信する Web アプリケーションを作成し、トースト通知、タイル通知、直接 (Raw) 通知を行う方を学びます。

OData リソースにアクセスするには
インターネットに公開されている Northwind サービスを利用するアプリケーションを作成し、サービス参照の追加や OData へのアクセス方法を学びます。

RichTextBox コントロールを使用するには
RichTextBox を利用するアプリケーションを作成し、テキスト書式の設定、ハイパーリンクの追加、インライン イメージを追加、プログラムを使ってコンテンツを追加する方を学びます。

検索拡張機能を使用するには
検索機能を拡張するアプリケーションを作成し、検索結果からアプリケーションに連携する方法を学びます。

ソケットで通信を行うには
簡易 TCP/IP サービスとソケット通信するアプリケーションを作成し、データの送信、データの受信について学びます。

システム トレイの機能を使用するには
進行状況のインジケーターを表示するアプリケーションを作成し、システムトレイの外観をカスタマイズする方法について学びます。

WebBrowser コントロールを使用するには
WebBrowser コントロールを使ったアプリケーションを作成し、インターネット上の Web サイトの表示、Cookie の取得、戻るボタンとの連携、分離ストレージに格納した HTML コンテンツの読み込みについて学びます。

Windows Phone プロファイラーを使用するには
Windows Phone プロファイラーを使ってアプリケーションのパフォーマンス分析を行う方法について実習します。