#wp7dev_jp

中華フォント対策は1行で済みますが、簡単なだけに忘れてしまいます。そこでコードスニペットにして、登録しておきましょう。

マイドキュメント\Visual Studio 2000\Code Snippets\Visual C#\My Code Snippets\jpfont.snippet

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<CodeSnippets xmlns="http://schemas.microsoft.com/VisualStudio/2008/CodeSnippet">
  <CodeSnippet Format="1.0.0">
    <Header>
      <Title>Japanese Font</Title>
      <Shortcut>jpfont</Shortcut>
      <Description>日本語フォント設定 コード スニペット</Description>
      <Author>shinobu takahashi</Author>
      <SnippetTypes>
        <SnippetType>Expansion</SnippetType>
      </SnippetTypes>
    </Header>
    <Snippet>
      <Code Language="CSharp">
        <![CDATA[RootFrame.Language = System.Windows.Markup.XmlLanguage.GetLanguage(System.Globalization.CultureInfo.CurrentUICulture.Name);]]>
      </Code>
    </Snippet>
  </CodeSnippet>
</CodeSnippets> 

あとは、App.xaml.cs のコンストラクタ Public App() の一番最後で、「jpfont」 + Tab + Tab 通せば入力されます。

        :
       // 注意: これはデバッグ モードのみで使用してください。ユーザーが電話を使用していないときに、ユーザーのアイドル状態の検出を無効にする
        // アプリケーションが引き続き実行され、バッテリ電源が消耗します。
        PhoneApplicationService.Current.UserIdleDetectionMode = IdleDetectionMode.Disabled;
    }

    RootFrame.Language = 
        System.Windows.Markup.XmlLanguage.GetLanguage(
        System.Globalization.CultureInfo.CurrentUICulture.Name);
}

これでちょっと楽になります。