#wpdev_jp #wpjp

久しぶりに、Photogram のプロジェクトを開いてバージョンアップ作業をしました。さすがにこいつは気合入れないと修正できないアプリになってるので。

...って思いながらプロジェクトを開いてみましたが、私の作り方が下手な部分を引くと、本当にWindows Phone のプログラミングって直観的でわかりやルイ。これだけのコードでこれだけのことができるんだからね、って感じ。

今回はフィルタの仕組みに新しい試みを導入。まぁ、前に使っている変換テーブルを使った方法の応用なんですが、この方法のおかげでフィルタづくりと実装の時間がだいぶ短縮されました。その分ファイルサイズが大きくなるデメリットもありますが。

レポートはみましょう

さて、アプリを開発した人で、とくにそれなりのダウンロード数が出た人は、必ずレポートやコメントを見ることをお勧めします。

  • こんな不具合がある
  • こんなところがこのアプリのいいところ
  • 今後こういう機能がほしい
  • ここがよくない

など、貴重で有用な情報を拾うことがあるかもしれません。私自身、いくつかのバグをコメントを通じて教えていただきました。今回のバージョンアップではその辺はきっちりと対応しています。

デベロッパーセンター になって

ちょっと戸惑ったのがXAPファイルのアップロード。実は1つのアプリ登録の中に複数のXAPが登録できるようになっています。たとえば、有償版とお試し版、それに7.0版と7.1版などで使い分けるのでしょうか。ひとまず、このxapを更新という形で進めました。

祖霊にしても更新は簡単でした。私が行ったのは、

  1. 新しいXapファイルのアップロード
  2. 説明文の修正(v1.2の新機能だけを追記)
  3. アイコンとスクリーンショットの更新

とくにアイコンは300x3001つだけになり、だいぶ楽になりました。

なお、XAPファイルの更新画面では、あくまでも情報を保存しておいて、1つ上の階層で申請を開始します。申請ボタンが見当たらないと焦らないように。

ダウンロード数

現在 Photogram のダウンロード数は横ばい。と言ってもトータルが横ばいなのではなく、1日のダウンロード数が横ばいという意味。ですので、確実にトータルダウンロード数は増えています。

image

前にもふれましたがやはり圧倒的にアメリカ、そして英語圏です。ぜひ皆さんも海外向けにアプリを公開してみてください。

それにしてもこの上に並んでるアプリは、もういわゆる超鉄板というか必須アプリケーションばかり。

image

ひとまずは審査待ちですね。