#wpdev_jp

たとえば、Windows でいうところの電卓のようなアプリ。他のアプリを使っている時に、ちょっと立ち上げて使って、その結果をものとアプリで使うようなアプリ。

Windows Phone ではシステム上なかなか作りにくいですが、やり取りするのがテキストならタスク切り替えで何とかなりそうです。

定型文アプリを作る

作るといっても簡単です。MainPage.xaml はこんな感じ。

<Grid x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent">
    <ListBox FontSize="36" SelectionChanged="ListBox_SelectionChanged" >
        <ListBoxItem>おはようございます。</ListBoxItem>
        <ListBoxItem>お疲れ様です。</ListBoxItem>
        <ListBoxItem>お世話になっております。</ListBoxItem>
        <ListBoxItem>日本マイクロソフト</ListBoxItem>
    </ListBox>
</Grid>

そして、MainPage.xaml.cs はこんな感じ。

private void ListBox_SelectionChanged(object sender, SelectionChangedEventArgs e)
{
    if ((sender as ListBox).SelectedItem != null)
    {
        ListBoxItem s = (sender as ListBox).SelectedItem as ListBoxItem;
        Clipboard.SetText(s.Content.ToString());
    }
}

簡単です。

使い方

アプリをインストールしたらタイルの上のほうにおいておきます。

  1. Messaging やメールの作成画面を起動
  2. ホームボタンを押してホームを表示
  3. 定型文アプリを起動
  4. 1つを選択する(同時にクリップボードにコピーされる)
  5. 戻るボタンを長押しして 前のアプリに戻る
  6. ペーストボタンを押す

なれるとタスクの切り替えは早いので結構便利に使えます。登録機能なども入れるとかなり便利に使えるでしょう。こういうアプリは Windows 7.8/8 の1/4サイズのアイコンで配置しておくと便利ですね。