Microsoft Wedge Mobile Keyboard

wedgemobilekeyboard

Windows 8で便利なBluetoothキーボード

Microsoft 久しぶりの Buetooth キーボードです。ドングル入りません。貴重なUSBポートも消費しませんし、スターバックスでワイアレスでスマートに接続できます。上に4つのWindows 8専用チャームボタンが4つあります。ショートカットを覚えたから大丈夫、って人でも、日本語を入力しているときに検索を呼び出すには全角・半角を切り替えないといけないですが、専用ボタンならいきなり機能を呼び出せます。

image

蓋と本体どちらが重い?

蓋が、タブレット用のスタンドになるこのウェッジ モバイル キーボードですが、結構蓋が重いおかげでスタンドにしたときには非常に安定感があります。持っている人は「蓋のほうが重いかも?」と思われるかも。実際は、キーボードが約250g(電池込)蓋が200gと蓋のほうが軽いです。でも本体のほうが圧倒的に軽い気がします。そして、Lumia900(160g) よりも軽く感じます。

image

一人3役の蓋

ウェッジモバイルキーボードの蓋は実はキーボードのON/OFFスイッチも兼ねています。蓋を外せばON、蓋をつけるとOFF。モバイルBluetoothキーボードにありがちな、「電源を切り忘れていざ使おうとしたら電池がない」という心配もありません。スイッチはエンターキーの周辺に照度センサーがあると思うのですが、いまだよくわかりません。

持ち運びを軽くするなら

タブレットには使わないから蓋を持ち運びたくない、という人も大丈夫。キーでON/OFFできます。Fn+Esc の長押しで電源ON/OFFできるので安心。2つのキーの長押しなので、カバンの中でいつの間にかONになってたということもまず起きないでしょう。F7キーと7キーの間にLEDがあります。それでも心配な人は、電池蓋をPushして少し開いておけば大丈夫。結構固いのでカバンの中で電池が落ちてたなんてこともまずありません。

image

Android や iPadで使うならこれだけ覚えておきましょう

もちろんAndroid や iPadでも使えます。Bluetoothキーボードですから。ただ、OSの仕様上英語キーボードになってしまうので注意が必要です。Alt-Space で日本語入力のON/OFFが切り替えられるので、使う人はこれだけ覚えておきましょう。