高橋 忍のブログ

UX & モバイル、全ては心でエバンジェリズム♪

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: Silverlight 3 のオフライン機能

    Silverlight 3 ではアプリケーションをオフラインで使える機能があります。 Silverlight 3 のアプリケーションで右クリックすると、コンピュータへのインストールというメニューが出てくるので選択すればローカルにインストールすることができます。あとは単体で立ち上げて利用できるというもの 動作については64:20あたりから、実装は63分あたりからになります。 さて、ではすべてのアプリができるかというと実装で見てもわかりますが、オフライン利用のための情報を書き込む必要があります。そしてもちろんSilverlight3 アプリケーションでなくてはなりません。つまり既存のSilverlight...
  • Blog Post: 【WPF】 マウス操作時の機能キーを検出する

    マウスでドラッグなどをしている際に、Shiftキーや Alt, Control キーなどを検出する。 private void object_MouseMove(object sender, MouseEventArgs e) {         if ( Keyboard .Modifiers == ModifierKeys .Shift )         { : あまりこういった操作を求めるのはUXとしてはあまりよろしくはないんですけどね。ちょっとWinForm...
  • Blog Post: WPFの姿勢

    Blend de GO GO! Blend で WPFプロジェクトを作成。 Storyboard でアニメーションを作って(Storyboard1)保存する。これを動的に処理するために、C#側でアニメーションの管理をすることにする。 ひとまずテストだからボタンを作ってClikイベントをダブルクリック、Visual Studio が自動的に立ち上がりプロジェクトを読んで、Button Click のメソッドが出来上がっている。Expression + Blend も進化したなぁ、と感慨に浸りつつ。コーディング。 Storyboard ってあれ?Intellisense が出てこない。 手動で実装...
  • Blog Post: WPF で Bitmapはいきなり悩みますねー

    WPFでBitmapを使おうとすると、 Bitmap オブジェクトがない ことに気がつきます。ないんですよね。BitmapImage オブジェクトがあるのでまぁ、そちらを使うのですがこういうこと一つ一つが WinForm からの移行の障壁になるんですよね。 また、BitmapImage からサイズを取得する際に、WidthとHeightプロパティでとっていたらどうしてもうまくいかない。で、プロパティをずっと眺めてみたら、PixelWidthと、PixelHeightがあるじゃないですか。これでようやく解決。 あとは、Image コントロールのSource と BimapImage オブジェクトとの関係ですね...
  • Blog Post: Windows Embeded POS Ready 2009 リリース

    POS端末向けの組み込みOS Windows Embeded POS Ready 2009 が本日発表されました。 小売業および飲食サービス業の企業向けに Windows(R) Embedded POSReady 2009を提供 Windows Embedded POSReady 2009は、POSソリューションを構築するOEMや、POS機器を使用する企業向けに最適化されたWindows XP Embeded をベースとした組み込み向けのOSです。 Wiindows XP ベースであるため、ハードウェアの対応やカスタマイズ製、ネットワーク機能の対応が豊富で、かつ .NET Framework を使ったアプリケーションも動作させることができます...
  • Blog Post: WPF の面倒なところ:コントロールの移動

    面倒というよりも、考え方の違いですが。 Windows Form であれば、フォーム上のコントロールの位置は、 Control.Location.X = 100; Control.Location.Y = 100; というように簡単に設定が出来ます。ところがWPFだとこうはいかない。なぜななら コントロールが置いてあるコンテナとなるパネルによって異なるからです。 Canvas : Position Left, Top Grid : Margin Left, Top 当然親元ごとに異なりますから、Left や Top といったプロパティが直接触れる形でコントロールにインプリメントされているわけではありません...
  • Blog Post: 【WPF】名前なしスタイル

    WPFでスタイルとテンプレートがあります。 どちらもコントロールのデザインを変更するための大事な機能です。基本的な機能としては、 スタイルはプロパティをまとめて管理することが出来る機能、テンプレートはコントロールなどの概観を変更すことが出来る機能です。 ただ、スタイルがさす「プロパティ」というのがキモで、ほとんどのWPFコントロールはテンプレート設定も、アニメーションも含めてかなりの機能がプロパティで設定できる用になっています。つまり、スタイルはコントロールカスタマイズを一手にまとめることが出来ます。 更にスタイルの固有の点は適応範囲を自由に選べることかもしれません。スタイルは上位で設定することでその下位のオブジェクトにも影響を与えます...
  • Blog Post: Windows7 で見つけた素敵なもの!

    メモ帳のフォントを変えようと思って見つけたもの! メイリオUI ? 確かに、行間も文字間もシステムフォントとして使えるように詰まってる!これはすごくうれしい。もう悪いことをする必要はないですね。:P ちなみに別ファイルではなく1つのファイルに(meiryo.ttc, meiryo.ttc)にメイリオ、メイリオUIが入っている形になっていました。
  • Blog Post: Vista の起動登録

    Vistaを入れなおした際に、別ドライブのVistaの起動メニューがなくなってしまった場合などの対処方法。ブートメニューへの登録方法です。 ケースとしては、デュアルブート環境(C:, D:)でブートパーティション(C:)にOSを上書きしてしまった場合。 BCDEDITを使ってVista のブートエントリーの追加です。コマンドプロンプトを管理者権限で起動して以下のコマンドを順次いれていきます。 bcdedit /create /d “Windows Vista until Oct2008” /application osloader この結果で表示される{ GUID }をコピーしておきます。 bcdedit...
  • Blog Post: Illustrator から Blendのパーツを使う注意

    Expression Design を使って Illustratorでデザインしたパーツをインポートすることが出来る。 ただしその場合も注意する必要がある。 お手軽 Illustrator からのコピペは極力使わない やたら数多くのクリッピングマスクが作られたり、そのせいで境界などのデザインが怪しくなる。簡単なもの意外は極力使わないほうが良い。 基本はIllustratorのいんポート 基本的にはAIファイルをDesignで読み込む。BlendにはそこからコピペでもExportでも良い。ただしグラデーションなどクリッピングマスクやオブジェクトに分割されることもあるので、注意したほうが良い。場合によっては同じデザインをBlendで作ったほうがシンプルに1つのオブジェクトで構成できることもある...
  • Blog Post: Expression Blend で Drawing Brush Group

    複数のブラシ要素をまとめたDrawing Brush Group Object の Expression Blend での作成方法です。 2つのブラシ要素(ここでは画像と半透明の塗りつぶし)を用意します。これを重ね合わせてGridなどでグループ化します。 あとは、作成したGridを選んで「ツール」→「ブラシリソースの作成」→「Drawing Brush」でブラシリソースを作成します。 以上で完成です。作成したブラシは塗りつぶしの要素として利用できます。 XAMLのコードをみるときちんと、DrawingGroup が出来ているのがわかります。 <DrawingBrush x:Key="DrawingBrush1"...
  • Blog Post: Expression Design 2

    今日はExpression Studio 2 のプレス向け説明会ということで、話してきました。 製品担当というわけではないのですが、まぁ、比較的使っているほうということもあって、Expression Blend 2 と Expression Desin 2 を担当してきました。尾聞き苦しい点は申し訳なかったです。 それにしても Expression Design 2。これはいいツールになりましたね。 標準的なドローツールの機能は持ち合わせながら、各種エフェクトとライブエフェクトによって策がツールとしての機能が非常に良くなっています。また、スライスツールによってオブジェクトのエクスポートがかんりもふくめ非常にやりやすくなりました...
  • Blog Post: 画面サイズに追従するWPF

    WPFアプリケーションはGridレイアウトなどを使って画面レイアウト、特にサイズ変更時の画面レイアウトをコントロールできる。 しかし、複雑なオブジェクトをインポートすると、コンテナとなるGridとの関係で画像が破たんすることがある。それを防ぎたい場合はオブジェクトを絶対座標で指定する Canvas パネルを使う。Expession Design からエクスポートする場合によく用いられる。しかし、Canvas パネルはサイズの自由が利かない。どうしたものか... ...要は フラッシュのSwf をブラウザで開いた時みたいに、画面サイズに合わせてサイズは変わるけど縦横比やレイアウトは維持してほしいんだよね...
  • Blog Post: Flash Player v10 Beta

    Flash Player v10 のベータが出てきましたね。 WPF 的な機能やWPFでも実装できない機能などがありますね。テキストレイアウトは特定分野では結構いい部分だと思います。また、対応OSが多いのも強みですね。 オブジェクトを3D空間上で移動/変形できる3D Effects 独自の画像エフェクトが利用可能に GPUの機能を使ったオブジェクトの描画 テキストの縦書きレイアウト・字間設定 対応OSは 98/Me/2000/XP/2003/Vista GPUに依存すると考えると考えるのが、どこにターゲット層をおくかということ。GPU内蔵のチップセットを持ったNoteなのか、最近のデスクトップか...
  • Blog Post: Seadragon

    Silverlight の Deepzoom のベースとなったテクノロジサンプルです。 最後のほうの画像は、PowerPoint を画像として出力して使ってみています。
  • Blog Post: Classic でつかうWindows Vista

    まぁ、通常はAeroで使っていただくのがベストだとは思いますが、フラットデザインが好きな方にはこんなのもいいのかもしれません。 Aero をOFFにするとサイドバーは完全に不透明のグレーになるので見苦しくなります。そこでサイドバーがジェットの使うものだでフロートさせて、あとはサイドバーを非表示に。 壁紙をすっきりするとだいぶイメージも変わりますね。 マシンによってはこういうのもいいかも♪
  • Blog Post: セッション終了 ありがとうございました。

    MSCでのセッション終了しました。 朝一の早い時間でしたが、多くの方にご参加いただき本当にありがとうございました。 正直もう1つ2つお見せしたかったデモなどもあったのですが時間の関係でどうしても盛り込めず断念。それでもいろいろ新ネタを織り交ぜながらがんばってみました。 UX, WPF, Expression Blend に何かしらご興味を持っていただければうれしいです。 さて、やることは山積みだ。
  • Blog Post: コンテンツとしてのSilverlight / WPF

    先日コンテンツビジネスを展開せいている企業の方とお話をすることがありました。 プラズマディスプレイにCMのようにコンテンツを流すサービスは最近あちこちで見られるようになりましたが、そのコンテンツです。 現在はやはりFlashを使ったコンテンツや、動画などを使って流しているようですね。ホストアプリケーションが一定時間で表示するコンテンツを切り替えるイメージでしょうか?こういったことをSilverlightで行おうとするとメリットデメリットが出てきます。 Good! 動画ストリーミング Good! サーバと連携したフレキシブルなコンテンツ Bad! ファイルがパッケージ化されない Bad! 作れる人が少ない...
  • Blog Post: 【Silverlight】Silverlight Mobile

    いぜん、アルファバージョンを動かしてみる機会がありましたが、今はどういうステータスになっているのか見えず(言えずw) 依然動かしたときは、1.0ベースでフルスクリーンで動いていました。ブラウザというよりも専用ア��リのためのランタイムといった感じです。ブラウザ+silverlight という組み合わせはあまり考えないほうがいいのかもしれません。画面が限られるので専用のものを作るべきでしょう。 日本の携帯への対応は微妙、ないし苦しい。とりあえず、Windows Mobile 6には対応するとは思いますが、それ以外のプラットフォームは先日発表したNOKIA。System 60 や Series 40...
  • Blog Post: DeepZoom

    先日MIXで発表された、DeepZoom。Silverlight の新しいコントロールを含むテクノロジです。 複数の画像を組み合わせた巨大な画像のズームを実現するDeepZoom。どう使うか思案中です。 ちなみにこちらは簡単に、1枚の画像だけのパターン。 URL: http://joestegman.members.winisp.net/DeepZoom/ なお、Silverlight 2.0 のランタイムをインストールする必要があります。2.0のランタイムを入れた場合、1.1 のアプリケーションが動かなくなるので注意してください。 さて、どう使ったら良いでしょうかね?
  • Blog Post: <ZAM3D>

    今日はZAM3Dを見せていただきました。 やっぱり、WPFにおいては重要なツールです。だって、Visual Studio も Expression Blend も3Dオブジェクトは作れませんからね。(Blendは唯一画像を3Dに展開することだけはできますが) ということで、いろいろ見せていただきまたいろいろ話して、さまざまな3Dの可能性と使い方について見えた気がします。ただやっぱり情報が足りないのが本音。このあたりはちゃんとフォローしないといけませんねー。 がんばろう!(何を?w)
  • Blog Post: 日経ソフトウェアにSilverlight 2.0の記事

    最新号の日経ソフトウェアに、 川西さん が書かれたSilverlight 2.0 の記事が載っています。 かなり、わかりやすく作る方にはいい情報なのでぜひ見てください。 2,3回続くらしいので(次回はかなりお勧め!)なのでまずは今月の記事を熟読してくださいね。
  • Blog Post: ブリヂストンソフトウェアさん

    ブリジストンソフトウェアさんのサイトでリクルート向けのちょっと変わったサイトが公開されています。 ブリヂストンソフトウェア Recruiting Contents 内容もさることながら、その見せ方やアプリケーションの世界観をぜひ見ていただきたいですね。技術とアイディアの融合した成功例の一つだと思います。 まずは体験を!
  • Blog Post: Silverlight 2.0 deepzoom demo

    MIX のキーノートでもちょっと話題だった、Hard Rock Cafe の DeepZoom デモが公開されています。 そのほか新しいデモが公開されていますので、まずはチェックですね。 http://www.microsoft.com/silverlight/ ただし Silverlight 2.0 のランタイムについては注意が必要です。 共存にご注意
  • Blog Post: 共存にご注意

      先日のMIXでSilverlight 2 Beta が発表になりダウンロードできるようになりました。 ただし注意が必要です。 Silverlight 1.1 Alpha との共存はできない Silverlight 1.1 Alpha は案インストールする必要がある Silverlight 1.1 Alpha ベースのアプリケーションは動かないケースが多い 「AG_E_UNKNOWN_ERROR」と出たら間違いなくそうかと ちなみに、2.0 Beta1 のダウンロードサイトはこちら http://www.microsoft.com/silverlight/resources/installationFiles...
Page 1 of 2 (48 items) 12