October, 2010

Posts
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Silverlight 4におけるアプリケーション要件への挑戦 – Drag & Drop

    • 0 Comments
    Drag & Drop 皆様、こんにちは。 先程の投稿 に次いで、今度はDrag & Dropです。 Silverlight 3の時にも、ブラウザー間でのオブジェクトのドラッグ&ドロップは可能でした。Silverlight 4 では、ローカルシステムから Silverlight アプリケーションへのファイルの Drag & Drop をサポートしました。これによりデスクトップアプリケーションにおける典型的な操作が可能です。 ここでは、まずは、 CodeProjectに紹介されているサンプル...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Silverlight 4におけるアプリケーション要件への挑戦 – IMEの制御

    • 1 Comments
    皆様、おはようございます! 木曜深夜のPDCパブリックビューイングではお世話になりました。参加して戴いた皆様、お疲れ様でした&どうもありがとうございました。 ※ちなみにバンド演奏演奏は、当事者としてはやはり大変楽しかったです。プレゼンもそうですが演奏も、本番というのは全員の集中力がやはり発揮されるものですね。またの機会・・・を再び狙っておりますw。どうぞよろしくお願いいたします。 さて本日は、また小ネタ系ですので、後程もう一つ投稿予定ですが、 IMEの制御 という非常にシンプルなテーマをご紹介したいと思います...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    [更新版]Windows 7 アプリ投稿キャンペーン10月25日現在の投稿作品 – Silverlight 4-updated

    • 0 Comments
    コメントをし忘れてしまいましてw、更新して再度Postします。大変失礼しました。 皆様、こんばんは!こちらの投稿は、 Windows 7 アプリ投稿キャンペーン に関するものです。 まず、こちらのセミナーは、プレゼントキャンペーン第二弾が開始されましたので、是非奮ってご応募ください。 それでは、投稿された作品のご紹介をします。作品一覧は、以下のサイトより見ることができます。このサイトをチェックしていれば、最新の投稿数がわかります。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Silverlight 4におけるアプリケーション要件への挑戦 – Copy & Paste

    • 0 Comments
    皆様、おはようございます。今回から、Silverlight 4におけるSilverlight 4の アプリケーション支援機能 についてみていきます。 Silverlight 4 は、より操作性が高く、直観的に活用可能なアプリケーションの構築を支援します。業務アプリケーションで当然備えるべき機能として考えられているものには、多くのものがあります。 具体的には、 印刷機能 、 リッチテキストボックス 、 クリップボード利用、ドラッグ & ドロップ対応 等があります。そして 最適なマウスオペレーション...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Expression Blend 4 SP1 日本語版のリリースのお知らせと日本語版Blend 4でのWindows Phone 7 開発に関する情報

    • 0 Comments
    皆様、おはようございます。 Expression Blend 4 SP1 日本語版のリリースに関するお知らせと、それに関係して、日本語版Blend 4におけるWindows Phone 7 開発に関する情報を、共有させて戴きます。 Expression Blend 4 SP1 日本語版がリリース されました。 こちら からアクセスできますので、是非ダウンロードしてお試しください(タブをExpression 4 Service Packに切り替えてくださいね)。 Blend 4 SP1の特徴・強化点他...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Silverlight 4 におけるデータバインディングの強化 - IDataErrorInfo、 INotifyDataErrorInfo

    • 0 Comments
    皆様、こんにちは! 一昨日は、 Windows 7のアプリ投稿キャンペーンのお話しを、ZDNet BuilderのBlogの方に書いた ら、お陰様で大反響でしたw それに気を良くして、 PDC10パブリックビューイング の話も、同じように投稿してありますので、興味のある方は、ぜひご覧ください。こちらも大反響でSold Out必至なイベントです。 ライブ演奏 がありますよ!(しつこいかなw…) さて、本日は、Silverlight 4におけるデータバインディングの強化点シリーズとして、 IDataErrorInfo...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Silverlight 4 におけるデータバインディングの強化 - CollectionViewSourceによるグルーピング

    • 1 Comments
    皆様、こんばんは!先日の、Expression Web 4のHTML5エディタアドインは、大変な反響を戴きました。私も色々作成していますので、今度どこかで、皆様にご紹介できればと思っております。 さて本日は、CollectionViewSourceによるGroupingについてご紹介しましょう。CollectionVeiwSourceとは、データグリッドとデータソースのコレクションをバインディングして表示させることができるオブジェクトです。オブジェクトにデータを保持させることにより、グルーピング等が簡単に行えます...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    HTML5 Schema Configuration Add-In for Expression Web

    • 0 Comments
    HTML5 Schema Configuration Add-In for Expression Webとは 皆様、こんにちは! 今日は、下記のURLで登場したExpression Web 4のHTML5 support 追加について、取り急ぎご紹介します。 これはExpression Web 4のアドインですので、インストールすると、HTML5でオーサリングができます。HTML5でインテリセンスが聞くようになりますので、非常に便利です。もちろん日本語版でも動くことを確認しました。 インストール...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Silverlight 4 におけるデータバインディングの強化 – DependencyObject

    • 0 Comments
    皆様、こんにちは!昨日に引き続いての投稿です。やはりBlendがらみですw。今回は、弊社イベントのBlendのテクニカルセッションで良くお見せするネタです。しかもコーディングなしでできます。理解も進みますので、ちょっとやってみてください。 WPFでもSilverlightでも非常に重要なのが、データバインディング機能です。データバインディングとは、 データと UI 要素 (コントロール) を接続する機能 です。Silverlight では、視覚的な要素だけでなく、見えない要素もデータバインドの対象とすることができるため...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Expression Blend 4の新機能

    • 0 Comments
    皆様こんにちは! 今、このBlogを書いているマイクロソフト新宿本社の5FセミナールームA/Bでは、まさにExpression 4 発売記念セミナーが実施されています。そこで・・・といいますか、ちょうどタイミングがあってしまったのですが(笑)、このBlogでも、Expression Blend 4の新機能について、簡単に纏めておきたいと思います。 Expression Blend 4 の特徴 Expression Blend 4は、以下のような特徴を持っています。順に解説していきましょう。 ① RIA開発に不可欠なプロトタイプを迅速に作成できる...
  • Virtuoso - Shotaro Suzuki's Blog

    Silverlight 4 Webカム及びマイクのサポート

    • 0 Comments
    皆様、こんにちは! さて、本日は、予定を変更して、Webカム及びマイクのサポートについて、纏めさせてください。このあたり最近、エンタープライズのお客様からも、意外に多くのお問い合わせを戴く機会が多いためです。 Silverlight 4では、メディアデータの入力をサポートしており、Webcam や、マイクが利用可能になりました。 ビデオや音声をリアルタイムに共有するような、インタラクティブなアプリケーション構築ができます。詳細は下記のURLに記載されています。 Web カメラとデバイスの概要 Webカムからのキャプチャーの実装処理については...
Page 1 of 1 (11 items)