皆様、こんにちは!さて、(1)に引き続き、ここからは簡単な Tankster の概要解説です。

image

Tankster - まず手始めに

こちらからソリューションのフルソースコードをダウンロードします。このページにもリンクがあります。ローカルのWindows Azure Compute Emulator と ローカルの SQL Server インスタンスを使って、Tankster サンプルゲームを使い始めることができます。

セットアップの実行

サンプルパッケージを解凍した Setup.cmd コマンドスクリプトを、管理者権限で実行します。

このスクリプトにより、コンテンツインストーラーがコマンドラインで起動されます。コンテンツインストーラーは、インストールしようとするコンピューターが、このサンプルをビルドして利用するために正しくインストールできるシステム設定になっているかどうかをチェックします。

次のステップでは、インストールしようとするコンピューターが、必要とされるソフトウェアと設定を包含しているか、をチェックします(Dependency Checker)。

image_thumb7

※ おそらく、Windows Identity Foundation 4.0 英語版 SDK をインストールされている方は少ないと思いますが、Runtime ではなく、SDK が必要になります。

もし、必要なソフトウェアや設定、および前提となるソフトウェアがインストールされていないことにより、依存性が充たされていない場合には、ダイアログの右側のリンク先から、必要なソフトウェアをダウンロードできますし、通常の場合には、Web Platform Installer が起動され、インストールが行われます。

前提となるソフトウェアのインストールが終了してから、Refresh ボタンをクリックして、再度チェックを行います。チェックプロセスが終了し、すべての前提条件をクリアできたら、Close ボタンが押せるようになるので、押して先に進みます。

続いてのステップでは、立ち上がっているコンソールウィンドウにスイッチし、コンテンツインストーラーが起動されたことと、全ての依存関係にあるモジュールがインストールされたことを確認します(Y:N)。Y:をクリックすると、セットアップスクリプトが起動され、ローカルのSQL Server にデータベースを作成します。

この セットアップスクリプトにより、ローカルの SQL Express Server インスタンス(.\SQLExpress)内に、Tankster データベースを作成します。Windows 認証を使用して接続します。もし、他の SQL Server インスタンスをこのサンプル実行のために使いたい場合には、Visual Studio で Configuration.xml ファイルを編集します。これは、このパッケージのルートにあります。

加えて、このセットアップスクリプトは、このサンプルをローカルの Windows Azure Storage emulator を利用するように設定します。もし、Azure 上の Storage Account を使いたい場合には、Windows Azure Portal にログインし、アカウント名と、アカウントキーを、WindowsAzureStorage セッティングからコピーして、設定しなおします。

設定を変更したら、再度 setup を実行します。

<Configuration> <Database> <!-- e.g. '.\SQLEXPRESS' or 'yourserver.database.windows.net' --> <ServerName>.\SQLEXPRESS</ServerName> <DatabaseName>Tankster</DatabaseName> <Username></Username> <Password></Password> </Database> <WindowsAzureStorage> <!-- use empty values for local storage emulator --> <AccountName></AccountName> <AccountKey></AccountKey> </WindowsAzureStorage> </Configuration>

サンプルの実行

以上で準備は終了です。さっそく実行してみましょう。

    1. Visual Studio 2010 をスタートメニューからポイントし、右クリックして管理者権限で起動します。

    2. Visual Studio から、プロジェクトを開く、を選択し、Tankster.sln ソリューションを開きます。これはこの Sample フォルダーの中の Code フォルダーにあります(Azure SDK 1.6 をインストールしてある場合には、Tanker は、1.4 で作成されているため、Upgrade Wizard が起動しますので、そのままOKを押して完了します)。

    3. Tankster.Cloud プロジェクトが、スタートアッププロジェクトに設定(太字)されていることを確認します(設定されていなければ、当該プロジェクト上で右クリックし、設定します).

      image

    4. F5 を押してビルドを行い、このサンプルアプリケーションをAzure Compute Emulator にデプロイします。この場合の、デフォルト Web ブラウザーは、http://127.0.0.1:81/ をポイントするように設定されています。しばらく待つと、Tankster ゲームのホームページが起動します。

      注意 : デフォルトでは、このアプリケーションはポート 81 を使用するように設定さ���ていますので、このポートが使われてないことを確認してください。また、このサンプルは、 AppFabric Access Control Service を使ってユーザー ID 管理とアクセスコントロールを行うように、あらかじめ設定されています。もし Windows Azure アカウントがあり、そのアカウントを使って認証を行いたい場合には、 Web.config ファイル (Tankster.GamePlay) と、ServiceConfiguration.cscfg ファイル(ServiceConfiguration.Local.cscfg) の設定を更新してください。

image

image

  1. play single player option をクリックし、Practice game type が選択されていることを確認してから、Begin をクリックします。

    image

  2. 使用可能な予算の範囲内で、各々の異なるユーザーに武器を供与します。

  3. 戦車をクリックし、マウスをドラッグして発砲します。

    image

以上です。

ところで、おかげさまで大変ご好評戴いている、iOS x Azure 連携アプリケーション開発のための、こちらの連載、次回は来年の1月13日に公開予定です。

それでは、よいお年を!