February, 2010

  • 荒井省三のBlog

    [TechDays 2010]並列タスクのデモについて

    • 0 Comments
    今回は時間が足りなくなってお見せできなかった、並列タスクに関して記述します。最初にウォームアップということでConcurrent(同時実行)に関して説明します。 最初にご説明したのは、インフラストラクチャという観点でした。 OS 1)32ビットカーネルであれば、スレッド単位でスケジュールされていること。 2)64ビットカーネル(Win7以降)はユーザーモードスケジューラ(UMS)によって、スレッドの中にあるユーザー空間とカーネル空間を別個に管理することでコンテキストスイッチの切り替えが少なくなるようにスケジュールします...
  • 荒井省三のBlog

    [TechDays 2010] PLINQ のデモについて

    • 0 Comments
    今回は、パラレルLINQに関して説明します。PLINQに関しては、用意していたデモの半分もお見せしていませんでした。この意味でのフォローアップを兼ねています。 最初は、手続とLINQ、PLINQでどのように記述方法が違うのかという点です。コードを以下に示します。 //手続 int[] arr = Enumerable.Range(100000000, 100000).ToArray(); bool[] results = new bool[arr.Length]; for (int i...
  • 荒井省三のBlog

    [TechDays 2010] Dynamic のデモについて

    • 0 Comments
    TechDays 2010が終わりましたので、参加者の方へのフォローアップ(デモを失敗した自分へのフォローアップも含みます)を兼ねて、何回か不足していると思われる内容を記述していきます。今回は、Dynamic(動的)に関して説明します。 最初にPythonのコードを使って、以下のような図形を描画しました。 このデモ(BadPaint.exe)は、C#でWPFを使って作成しています。上記のようなシェイプを描画したPythonコードを以下に示します。 from System.Windows.Controls...
  • 荒井省三のBlog

    TechDays へ参加した皆さんへ

    • 2 Comments
    TechDays 2010 T2-301 .NET Framework 4 時代の言語へ参加された皆様、 デモがうまく動作しなくてごめんなさい。理由が判明しました。インテリトレースの設定を変更していまして、これが介在して停止していました。Windows Updateの為なのか何のか原因がわかりませんでしたが、私のケアレスミスが原因でした。 デモコードは、TechDays のオフィシャルサイトで公開させ れ ていただきますので、そちらからお使いください。事前に欲しいという方がいらっしゃいました...
  • 荒井省三のBlog

    WPF ベータ2における境界フィードバックについて

    • 0 Comments
    今回は、前回の イナーシア で説明が不足していた境界フィードバックについて説明します。基本的には、前回に提示したコードを使用します。最初にManipulationDeltaイベントハンドラに記述したコードをもう一度、以下に提示します。 // マニピュレーションコンテナの四角形を取得します Rect containingRect = new Rect(((FrameworkElement) e.ManipulationContainer).RenderSize); // 移動後のUI要素の軸並行境界を含む四角形を取得します...
  • 荒井省三のBlog

    WPF4 ベータ2 におけるイナーシアについて

    • 0 Comments
    今回は、WPF4ベータ2のイナーシア(慣性)を説明します。イナーシアは慣性という日本語訳をしますが、なぜ慣性というかといえば、タッチした動作に基づいて運動量の強弱を表現するからです。Windows SDK に記載されている運動量のグラフが以下になります。 このグラフをみると、Velocityが時間の経過とともに減衰するのがわかります。このような時間経過に伴う運動量の増減を処理するために、Win32 API では InertiaProcessor が用意されています。 イナーシアの動作を理解するためには...
  • 荒井省三のBlog

    WPF4 ベータ2におけるマニピュレーションピボットについて

    • 0 Comments
    前回は WPF4 ベータ2の マニピュレーション を説明しました。今回は、マニピュレーションピボットを説明します。前回のマニピュレーションを実際に作成して試した方には理解できますが、ジェスチャー操作した場合のオブジェクトの動きは、ジェスチャー動作の中心点からの移動量がManipulationDeltaイベントで処理しています。このため操作対象のオブジェクトに対する中心点に対しての操作とは限らないのです。これに対して操作対象オブジェクトのある点を中心(たとえば中心点など)にマニピュレーション操作を行いたい場合に利用するのが...
  • 荒井省三のBlog

    WPF4 ベータ2 における マニピュレーション イベント

    • 0 Comments
    .NET Framework 4 RCがリリースされましたが、ベータ2ベースにおける WPF のマルチタッチ対応の1つである、マニピューレーションを取り上げます。マニピュレーションを具体的に説明する前に、Windows 7におけるマルチタッチのWindow メッセージをを説明します。Windowsメッセージには、以下の2つが存在します。 WM_Touch:タッチ、移動、タッチアップという低レベルのメッセージ WM_Gesture:タッチした動作によってどのような操作をしたいかを解釈するメッセージ...
  • 荒井省三のBlog

    WPF4 ベータ2 におけるタッチイベント

    • 0 Comments
    WPF 4 ベータ2のマルチタッチ対応の1つである、タッチイベントを取り上げます。ドキュメントを読むと、タッチイベントとして、以下のようなものがUIElement クラスに追加されています。 TouchDown:タッチされた場合に発生する。 TouchMove:タッチした指を移動した場合に発生する。 TouchUp:タッチした指を離す場合に発生する。 これ以外にも、PreviewTouchDown,Move,Upというイベントが定義されています。このイベントを使ったXAMLを以下のように定義します...
Page 1 of 1 (9 items)