マイクロソフトの田中達彦です。
不定期で「WPFへの道」という連載を始めます。
このWPFへの道という連載は、Windowsフォームをお使いの方がWPFに移行する際に、壁になってしまう点の解決策を紹介していきます。

Windows
フォームとWPFはそもそもの考え方が違うので、Windowsフォームの資産や経験を多く持っていればいるほど、WPFでアプリケーションを作るときに苛立ちを感じてしまうでしょう。
この連載では、Windowsフォームでアプリを作るのと同じようにWPFでアプリを作ろうとしたときに、すんなりといかない点をピックアップして紹介します。
なお、WPF.NET Framework 4WPFを使用して説明します。


[
困ったこと]
テキストボックス コントロールで、複数行入力させたいけど、WPFTextBoxではどうするの? WindowsフォームではMultilineプロパティをtrueにすればよかったのに。



[
解決策]
WPF
Textboxで複数行の入力をするには、AcceptsReturnプロパティをTrueにしてください。

Visual Studio 2010
上では、プロパティウィンドウのAcceptsReturnの部分にチェックを入れます。


このような感じで、WindowsフォームではできたけどWPFでのやり方が分からないというものを、ピックアップして紹介していきます。
不定期連載なので、ネタを思い出したときに書いていきます。

マイクロソフト
田中達彦