昨日のセミナーには多数ご参加いただきありがとうございました。配布資料に間違いがあり大変失礼いたしました。駆け足で Data API を紹介していきましたが、基本構造はおさえましたので各種技術リソースを参照して皆さんで理解を深めていただければと思います。

技術資料のスライドが 2 枚については、以下のように訂正させていただきます。 

Visio Toolbox

URL がこのブログの URL になっておりましたが、正しくは http://www.visiotoolbox.com/ です。 LiveID でサインイン後、Downloads and Trials メニュー以下より各種ツールやアドインのダウンロード ページに移動できます。日本語サイトもありますが、現在コンテンツは限定されたものとなっております。 Visio SDK もこちらにありますね。

Sysinternals

削除し忘れでスライド中にはいったこの名前ですが、開発にあたってはとても便利なツールなので紹介しておきます。こちらのサイトにありますが、プロセスのモニターやレジストリのモニターなど、Windows のタスクマネージャや計測ツールよりもかゆいところに手が届く調査ツールが提供されています。有名なところでは Process Explorer でしょうか。プロセスの親子関係が把握できたり、どのプロセスがファイルを使っているのかを一覧で確認できたりと、とにかく便利です。もともとは外部の会社だったのですが、弊社が買収後は TecnNet の一部でツールと情報の提供をしています。日本語の記事もありましたので概要はこちらからどうぞ。 connectionstrings.com と Sysinternals は運営関係などはありません。