<オリジナル投稿 2013年9月10日 本ポストの情報はオリジナル投稿時点のものです。マイクロソフトの正式な見解や製品の仕様を示すものではないことをご了承ください。>

Visual Studio 2013 RC, Team Foundation Server 2013 RC の公開、Team Foundation Service の9月9日更新、MSDNサブスクリプションでの Windows 8.1 RTM, Windows Server 2012 R2 RTM の公開といろいろとアップデートが目白押しです。

Team Foundation Service 9/9 更新

継続的価値提供(Continuous Value Delivery)を行っている TFService の更新から見ていきます。
詳細情報は、http://tfs.visualstudio.com/en-us/news/2013-sep-9をご覧ください。

作業項目のチャート機能

作業項目は、クエリによって自由に抽出して利用できますが、今回新たに、「Charts」機能が使えるようになりました。
image
Results は、クエリ結果、Editorは、クエリの編集ですが、その横に、「Charts」 が登場しています。クリックすると、「+ New Chart」があり、ここでまずチャートを新規に作成します。
image
チャートは、パイや、バーなどよく使われるグラフ表現から選択できます。そしてチャートに名前を付けて、カウントする値、並び順を決めるだけで、好みの形式で見ることができるようになります。
image
これは、「自分が担当しているタスクに対してのステータスごとの割合を示しています。クエリ結果だけはで直観的につかめないボリュームなどを可視化するそんなソリューションが追加されたわけです。
image
チャートは、1ページに複数を表示可能です。なので、プロダクトバックログや、My ToDo List、スプリントバックログなど関心ごと単位で、複数のチャートを使って直観的な可視化を高めることができます。個別のダッシュボードになるわけですね。
この機能の次のステップとしては、これらのチャートをチームやプロジェクトのホームページに表示させる実装を考えているようです。

テストケースの一括編集機能

Web ベースのテストケースの作成や管理も進化しました。今までは、テストケースを開いてテストステップを記載していく形でしたが、ワンクリックでテストケースのステップをグリッド表示させることができます。
image
これがいつもの表示形式ですが、「View」を List から Grid にクリックして変更すると、
image
グリッド表示となり、テストケースのステップを一括で編集できるようになります。
ちなみに、一覧にかなりの数のテストケースが表示されていて、そのうちの2テストケースだけをグリッド表示したい場合は、
image
Shiftキーを押しながらクリックで、複数選択をして、右クリックし、「Edit Selected Test Case in Grid..」で選択したテストケースに関してのみ表示し、編集することができます。

コードコメントによるディスカッションから作業項目の作成機能

コードコメントにより、メンバーは、自由にコードに関するディスカッションを行うことが可能になりましたが、そこから直接、作業項目を作成することができるようになりました。
image
作成された作業項目には、必要な情報がリンクされています。
image
とても便利ですね。

チームプロジェクトの削除機能

ご要望の多かった、チームプロジェクトの削除機能がWebに搭載です。
今までは、その性質からもコマンドラインからのみ削除が可能であったチームプロジェクトをWebベースで行えるようになります。
権限があるユーザーで管理画面を開き、チームコレクションタブからプロジェクトの一覧に表示されているチームプロジェクトを右クリックすると!「Delete」メニューがでてきます。これで実施するだけです。ただし、チームプロジェクトが削除されるということは、すべての資産がなくなることをさしますので、実行は十分に注意してくださいね。
image

Visual Studio 2013 RC の入手

Visual Studio 2013 RC はすでに一般公開されていますので、以下より入手ください。
http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/2013-downloads#d-2013-editions
お勧めは、Ultimate です。

Team Foundation Server 2013 RC の入手

同様に、Team Foundation Server 2013 RC も入手いただけます。
http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/2013-downloads#d-2013-editions
なお、Team Foundation Server には、TFS Express もありますので、TFS Express 2013 RC を入手されたい場合は、以下です。
http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/2013-downloads#d-2013-express

Go-live ライセンス

Visual Studio 2013 RC、 Team Foundation Server 2013 RC は ”Go-live” ライセンスです。実開発環境に適用していただけます(RTM版の公開後は、速やかにRTM版に移行してください)。
詳細は、以下のブログをご覧ください。

ほかのどこにも存在しない進化をみなさんの開発現場に!