Windows Multimedia Hacks

日本マイクロソフト株式会社の Multimedia サポートチームのブログです。

Windows Server 2008 に Windows Media Player 11 をインストールする方法

Windows Server 2008 に Windows Media Player 11 をインストールする方法

  • Comments 4

こんにちは、はらだんです。今日は Windows Server 2008 での Windows Media Player 11 関連のお話です。

 

ご使用になられた方はすでにお気づきのことと思いますが、Windows Server 2008 には Windows Media Player (以降 WMP )が既定ではインストールされません。

 

WMP がインストールされていないので、コーデックも入っていません。ですので、DirectShow を使用したアプリケーションもこのままでは動作しません。 

 

インストール使用として、Windows Media ホームの Web サイトに行っても WMP11 for Vista の説明と、for Windows XP しかなく、Windows Server 2008 用の WMP はぐぐってもbingっても見つからない状況です。 

 

と言うことで WMP をインストールする方法が分からないという話を時々聞きます。

回答は以下になります。

「機能の追加」でデスクトップエクスペリエンスをインストールする。

 

 

これで終わりただとさみしいので、もう少し追加情報を書きます!

 

Windows Server 2008 では サーバーの脆弱性に関するリスクを低減することを目的として、サーバー用途としては多くの場合必要のないアプリケーション(コンポーネント含む)や使わないサービスはインストールされないようになっています。

 

必要に応じて最低限のアプリケーションとサービスをインストールすることが出来ます。このおかげで CPU /メモリ リソースの効率化とサーバーの堅牢性を向上することができます。さらに使わない機能のためにセキュリティアップデートをするなどの不必要な保守作業を軽減出来ます。

 

通常サーバーで音楽を聞いたり動画を見ることはしないと思います。これが WMP が最初からインストールされていない理由となります。

しかし、Windows Media サービス 2008 を利用する場合、インストールは必須ではありませんが、公開ポイントの動作確認の際にあると便利です。

例えばクライアントに動画配信されない場合のトラブルシュートでは、どこまでコンテンツがストリーミングされているのか?を調べる最初の 1 歩となります。

 

つまり、まずサーバー上の WMP で再生できるかを確認し、次にサーバーと同じネットワーク内、次にルーター越し、とネットワーク上の距離をとって行きながら確認をすることで原因となる箇所を特定する作業が可能となります。

 

このような理由でインストールすることはお勧めではあるのですが、実際、本 Blog でも紹介してますように、Quartz.dll 等に脆弱性が発見されることも事実です。大変恐縮ですがその辺も含めて WMP をインストールするかどうかをご検討いただきたい次第です。

 

 MPEG2 デマルチプレクサがない!?

Windows Server 2008 WMP11 をインストールしても MPEG2 デマルチプレクサは含まれません。

MPEG2 コンテンツをサーバー上で視聴するには別途サードパーティ製のアプリケーション等を

インストールする必要があります。

 

サーバーで生活する以外でこのことが問題になるシナリオとしては、

MPEG2 のソースを WMV にエンコードし直して Windows Media サービスに配信する場合です。

しかし、エンコードはサーバーの負荷にもなり、配信に影響が出る可能性もあるので、別の PC でエンコードして WMS に配信もしくは共有フォルダに保存して頂くことを

お勧めします。

 

特記事項としましては Windows Vista から MPEG2 デマルチプレクサを持ってきて

使用することはライセンス違反となりますのでご注意ください。

 

 

 

それではみなさん、レッツらサーバー生活!(※推奨いたしません)

  • Windows Server 2008 Foundation が提供されたおかげで自宅に個人用サーバが構築でき大変嬉しいです。もともと企業向け製品ですが、個人ユーザも増えているということでコメントさせていただきます。

    自宅用にTV録画サーバとして活用しようとしていますが、頂いたレポートの通り動画再生環境を構築しております。MPEG-2のコンテンツをWMPやTV視聴ソフト(録画再生)で見るために必要な、MPEG-2デマルチプレクサとは具体的にどのようなソフトウェアでしょうか? 3PP製品のためご回答しにくいかもしれませんが、PowerDVD、WinDVDなどのDVD再生ソフト、AVIやGPLなどのCodecということでしょうか? Server製品は3PPアプリのバンドルもほとんどされていないので選定に困っております。お手数ですがアドバイス頂けると助かります。

  • コメントありがとうございます。また弊社 Windows Server 2008 / R2 の設計上、ご迷惑をお掛けしている状況を深くお詫びいたします。

    MPEG-2 デマルチプレクサは、MPEG-2 コンテナのビットストリーム構造を解析してビデオとオーディオを抽出するものです。この後コーデックがビデオとオーディオを受け取って伸張します。

    一般的には MPEG-2 デマルチプレクサは MPEG-2 の再生に対応したソフトに同梱されています。ご理解のとおり、DVD/BD 再生ソフト、デジタルTV 視聴ソフト、ビデオカメラ同梱ソフトなどが該当します。また、汎用品としては Elecard MPEG-2 Plugin for WMP があります。ただし、市販ソフト同梱品の場合、そのソフト以外からの MPEG-2 デマルチプレクサの利用を契約上禁じているものや、技術的に不可能としているもの(自社ソフト以外からはロードできないようにプロテクトされているもの)がありますので、その点はご注意ください。

    コーデックも同様の市販ソフトに同梱されているほか、フリーのもので ffdshow などがあります。よろしくお願いいたします。

  • デスクトップ エクスペリエンスでインストールすると、他にもいろいろ入ってしまいますが、Windows Media Player のみインストールすることはできないのでしょうか。

  • 申し訳ありませんが、そのような方法はありません。よろしくお願いいたします。

Page 1 of 1 (4 items)
Leave a Comment
  • Please add 7 and 6 and type the answer here:
  • Post
Search