Windows 8 アプリ開発者ブログ

Windows 8 エンジニアリング チームが語る Windows 8 向け Metro スタイル アプリの開発

March, 2012

  • Windows 8 アプリ開発者ブログ

    アプリで Windows 8 のコントラクトのアクティベーションを行う

    • 0 Comments
    Metro スタイル アプリの開発を始めるとすぐに行き当たるのがコントラクトです。コントラクトは Windows 8 で導入された強力な新しいコンセプトで、Metro スタイル アプリはこれを利用して、他のアプリや Windows との間の対話的操作のサポートを宣言することができます。検索コントラクト、共有コントラクトなど、いくつかはおそらく既に耳にされていることと思います。コントラクトを活用することで、アプリはシステムや他のアプリとの連携能力が増し、インストールされているコントラクト対応アプリの数が増えるほど、機能が向上していきます。この記事では、アクティベーションの流れをご紹介します。アクティベーションは、アプリにコントラクトを追加する際に考慮する必要のある中心的な概念の 1 つです。 Metro スタイル アプリの起動を行い、ユーザーがアプリを起動した理由をそのアプリに通知するのに使用されるのが、Windows アクティベーション プラットフォームです。アプリ起動の理由はさまざまで、ユーザーがスタート画面でアプリのタイルを使って起動した場合もあれば、たとえばユーザーが検索を行った際の結果表示など...
  • Windows 8 アプリ開発者ブログ

    Windows ランタイムの非同期性により高速で滑らかなアプリにする

    • 0 Comments
    人間はもともと非同期な生き物です。このことは、私たちがアプリの反応に何を期待するかに直接影響を与えます。Windows ランタイム (WinRT) では、高速で滑らかな Metro スタイル アプリを構築するための一級市民としてこの非同期性が採用されています。Metro スタイル アプリを構築する場合、ある時点で非同期コードを記述する必要があります。この記事では、WinRT で非同期プログラミングがなぜ非常に一般的になっているかについてお話しし、アプリで非同期プログラミングを使用する基本的な方法やそのしくみの背景について説明します。 高速で滑らかなアプリは反応性が高くなければならない Windows アプリを使っていて応答が止まったことや、アプリがグレー表示になってドーナツ型のカーソルが回転したことは何回くらいありますか。間違いなく、予想される最悪の時間に思えます。さらに悪いことに、このような状況に陥ると、努力してきた作業がたくさん失われてしまう可能性があります。 ユーザーは、アプリがすべての対話的操作に応答することを期待します。お気に入りのニュース閲覧アプリを使うとき、ニュース フィードを追加したり...
  • Windows 8 アプリ開発者ブログ

    XAML と DirectX の統合

    • 0 Comments
    私たちは Windows 8 の開発の早い段階で、XAML により提供される豊富なコントロール セットや双方向性などの UI と、グラフィックス などでの DirectX による低レベル高パフォーマンス レンダリングを統合する方法を考えてきました。 Dev Center フォーラム やその他のチャネルを通じて Developer Preview のためにご提供いただいたフィードバックは、開発者が本当に構築したかった関連するシナリオ セットに集中するのに役立ちました。ここでは、いくつかの一般的なテーマを取り上げます。皆さんの多くは、XAML アプリとも呼ばれるアプリに DirectX グラフィックスを追加するか、または DirectX アプリに Metro スタイル UI を簡単に追加することを希望していました。 ここで、良い情報があります。Consumer Preview のリリースでは、XAML アプリと DirectX アプリを厳密に区別する必要がなくなります。使い慣れた XAML モデルを使用して、同じアプリ内で多彩な UI プラットフォームとしての XAML および高パフォーマンス...
  • Windows 8 アプリ開発者ブログ

    Live SDK による Windows 8 アプリへのシングル サインオン機能の実装と SkyDrive との連携

    • 0 Comments
    Windows 8 なら、クラウドを利用して、仕事でもプライベートでも、複数のデバイスからシームレスに作業できます。 Microsoft アカウントを使って PC やデバイスにサインイン し、SkyDrive のパーソナル ストレージを利用することで (詳細については、 アプリ、ファイル、PC、デバイスをクラウドとつなぐ SkyDrive と Windows 8 を参照してください)、アプリ、設定、および個人ファイルにいつでもアクセスできます。開発するアプリでこのようなクラウド機能を利用するには、Metro スタイル アプリに Live SDK を統合します。 Live SDK には、Microsoft アカウントを使ったシングル サインオン (SSO) 機能をアプリに統合し、SkyDrive、Hotmail、および Consumer Preview 版の Messenger の情報にアプリからアクセスするためのコントロールと API のセットが含まれています。また、対応する Windows Phone 用の SDK (英語) もあり、同様の機能セットを提供しています。 Live SDK...
  • Windows 8 アプリ開発者ブログ

    Developer Preview から Consumer Preview へのアプリの移行

    • 0 Comments
    こんにちは、Windows 開発チームのパートナー アーキテクト、John Sheehan と申します。 皆さんには、プレビュー リリースのアプリを構築していただき本当に感謝しています。皆さんのフィードバックは、Windows 8 の改良に役立っています。もちろん、プレビューで構築するということは、プレビュー リリースごとにアプリに更新を加えなければならないことを意味します。それこそが、この記事で扱う Developer Preview から Consumer Preview へのプロジェクトの移行です。ここでは、一部の変更点を強調しますが、変更点の詳細な説明については、 //Build から Windows 8 Consumer Preview (英語) へのアプリの移行に関する ホワイト ペーパー (英語) を Dev Center からダウンロードできます。 Consumer Preview へのアプリの移行について考えるにあたって、皆さんの中にはなぜこれらの変更を加えたのか疑問に思っている方もいらっしゃると思います。私個人としては、これらの変更をすべて重要と捉えていると断言できます...
  • Windows 8 アプリ開発者ブログ

    //build/ 以降のアプリ開発者向けの変更点 (第 2 部)

    • 0 Comments
    お約束したとおり、//build/ 以降に私たちが行ってきた重要な作業についてさらにお話しします。この記事の 第 1 部 では、DirectX と XAML の統合、Blend デザイナーの改良点、CSS 独立アニメーションなどについて扱いました。しかし、皆さんは新機能のもっと深いところまでお知りになりたいだろうと思いますので、これから見ていきましょう。 タイルおよびトースト通知 タイルとトーストは、Metro スタイル デザインの原則の主要な部分です。タイルとトーストを使えば、アプリが実行されていなくても、重要な情報をひとめで見ることができます。タイルとトースト通知の開発エクスペリエンスについては、皆さんからたくさんのフィードバックをいただきましたが、その大部分はタイルの作成と更新に関するものに集中していました。これにお応えして、タイルのエクスペリエンスに次の 3 つの改良点を加えました。 API のポーリングによるタイルの更新を導入しました 。新しい定期タイル通知 API を使うと、アプリ固有のタイル コンテンツがあるクラウド サービスをポーリングするように Windows に指示することができます...
  • Windows 8 アプリ開発者ブログ

    //build/ 以降のアプリ開発者向けの変更点 (第 1 部)

    • 0 Comments
    Consumer Preview が入手可能になりました ので、私たちが何をしようとしていたか見ていただけたかと思います。//build/ 以降、エンジニアリング チームはハードな作業を続けてきました。私たちは、皆さんのフィードバックに耳を傾け、開発プラットフォームを改良してきました。同時に、多くのプラットフォーム機能にこれまで見られなかった最後のしあげを加えました。 Windows で直接行っていた作業と並行して、//build/ 以降 Visual Studio ツールにも大幅な改良を加えてきました。Metro スタイル アプリ開発と他のシナリオにも改良が加えられました。ここでは、Metro スタイル開発についてお話しますが、他の VS 機能についてもお知りになりたい場合は Jason Zander のブログ (英語) をご覧になることをお勧めします。 皆さんも慌ただしかったことと思います。 MSDN Developer Preview forums で 5,000 を超えるスレッドを作り、30,000 近くのメッセージを投稿しました。弊社の製品利用統計情報から、皆さんが Visual...
Page 1 of 1 (7 items)